5ボールへの道

ボールジャグリングの中で、最も修得が大変だと言われるのがこの5ボール(5カスケード)です。これは5ボールが7ボールなどに比べても難しいということではなく、ぶつかる壁の高さが極めて高い、ということです。あなたは3カスケードができるようになるまでに何日かかりましたか? きっと3日ぐらいでしょう。4ファウンテンは? 頑張れば1か月ぐらいで何とかなります。それに対して5カスケードは2年、修得の速い人でも半年はかかります。これだけの期間、飽きずに諦めずに練習を続けるのは並大抵の精神力では無理です。毎日毎日同じことの繰り返しで、しかもちっともうまくならないとしたら、すぐに嫌になってしまうでしょう。しかしそれを乗り越えて5カスケードができるようになったら、もう後は恐いものはありません。6ファウンテンでも7カスケードでも、練習さえ積めばできる気がしてきます。

ということは逆に、5ボールができるかどうかでそのジャグラーのレベルを推し量ることもできます。5ボールは頑張って練習するだけの価値はあります。これから練習を始めようとする人にアドバイスするとしたら、「絶対にできるようになるから、諦めないで」ということでしょうか。

以下では5ボールを修得するのに役立ちそうな技をいくつか紹介しますので、飽きないようにあれこれ試してみてください。

マウンテン (Mountain)

Mountain
概要

2個のボールを高く投げ上げ、その間に残りの1個を反対側の手に渡すという技です。下の1個は左右の手で受け渡すだけなので、ボールに限らずもっと重いもの(椅子、一輪車、赤ん坊など)で行なうことが可能です。

予め修得しておきたい技

カスケード

サイトスワップパターン

52512

練習方法

カスケードを初めて練習したときのように右手に2個、左手に1個のボールを持ってください。投げるのは右、右、左(そして左、左、右)の順になります。

まずは右手に持ったボールのうち1個をカスケードの要領で投げます。このときの高さは普通の3カスケードの3倍から4倍にしてください。メートルで表すと1m強でしょうか? そしてこのボールが落ちてくる前に右手のもう1個のボールも同じ軌跡を描くように投げてしまいます。

最初のボールが落ちてきたら、左手のボールを素早く右手に渡してからキャッチします。続いてもう1個落ちてきますので、今度は左手のボールを最初に右手で投げたのと同じ高さに、右手の方に向けて投げます。そして落ちてきたボールをキャッチします。そのまま動きを止めないで、今受け取った左手のボールもまた同じ高さに投げ返します。

右手にボールが落ちてきたら、左手のときと同様に、持っているボールを素早く左手に渡してから受け取ります。今受け取ったボールはただちに高く投げ返してもう1個受け取り、それも投げ返す、ということを繰り返します。

実際に投げてみると、下の1個はあまり気にならないため「右手で2回投げ、左手で2回投げ、また右手で2回……」という感じになります。片方の手で連続して投げる2個のボールの高さや軌跡を同じにすることは、かなり難しいと思います。

注意点

下のボールは左右の手を行ったり来たりするだけですので、投げる場合は低く、ほぼ真横になるようにしてください。少しでも上に上がってしまうと別のボールと一緒に落ちてきます。これを避けるためには、ボールを投げるのではなく、直接手渡しするようにしてみてください。

参考までに

この技(というかサイトスワップで5の高さまで)は普通の住宅で練習することができます。「高く投げる」というのは、膝を立てて座った体勢で投げて天井に届くかどうかぐらいの高さのことだと思ってください。慣れてくればもう少し低くもできますが、初めのうちは余裕がないので、それぐらいの高さに投げ上げることをお勧めします。

チェイス (3-Ball Chase)

3-Ball Chase
概要

3つのボールが、直前のボールを追いかけていくように投げる技です。

予め修得しておきたい技

カスケード
マウンテン

サイトスワップパターン

50505

練習方法

やり方はマウンテンとよく似ています。マウンテンができるようになっていると、この技は少しの練習でできるようになります。

右手に2個、左手に1個持って、右、右、左(そして左、左、右)の順に投げます。まず右手のボールを1個、左手の方に向けて高く投げ上げ、これが落ちてくる前に右手のもう1個のボールも同じ軌跡を描くように投げてしまいます。

最初のボールが落ちてきたら、左手のボールを今までと同じ高さに、今度は右手の方に向けて投げ上げてからキャッチします。続いてもう1個落ちてきますので、これも左手のボールを投げてからキャッチします。そのまま動きを止めないで、左手に残った最後のボールも投げてしまいます。左手で3個目のボールを投げるのと同時ぐらいのタイミングで、落ちてきたボールを右手でキャッチします。そして今度は右手でボールのキャッチと投げ上げを3回続けて行ないます。

文章で書くとこれだけのことですが、実際にやってみるとかなり難しい技です。とにかく高さとボールの軌跡を一定に保つことに神経を集中させてください。

注意点

気を抜くと3カスケードに戻ってしまったり、左右の投げが同時の (4x,0)(4x,4x)(0,4x)(4x,4x) というパターンになったりします。これは投げ上げるボールの高さが足りないことが原因のほとんどですから、常に高く高く投げることを心がけましょう。

フラッシュ (3-Ball Flash)

3-Ball Flash
概要

3つのボールを連続で高く投げ上げる技です。

予め修得しておきたい技

カスケード

サイトスワップパターン

55500

練習方法

フラッシュは、見た目と違いチェイスよりもさらに難しい技です。いきなり3個連続で投げ上げても、床のあちらこちらに落ちてしまうだけでしょう。ここでは1個の投げ上げから始めて、ゆっくり説明することにします。

(1). 1個だけ高く投げる
普通にカスケードを開始します。いつでもいいので右手で1個だけ高く投げてください。このとき高さは普通の3カスケードの3倍から4倍にします。
投げたボールが落ちてきたら、左手のボールを投げてから受け止めます。そしてまた普通のカスケードを続けてください。今度はこれを左手でも同様にやってみましょう。右手で高く投げる → 左手で受け取る → しばらくカスケード → 左手で高く投げる → 右手で受け取る → しばらくカスケードという周期でボールを投げて、高さ、落下点などに気を付けて練習します。慣れてきたら連続で(サイトスワップでは522のタイミングで)やってみましょう。

(2). 2個続けて高く投げる
1個の投げ上げができるようになったら、今度は2個連続で投げてみましょう。カスケードをやっている状態から右、左と高く投げてみます。落ちてきたボールを左、右の順に受け取って再びカスケードを続けます。
と書くと簡単そうですが、1個のときよりずっと難しくなっています。まず、ちゃんと高く上がっているでしょうか? カスケードの2倍程度にしかなっていない、ということはありませんか? 次に左右の高さは同じでしょうか? 2個のボールが同時に落ちてくるということはありませんか? もし同時に落ちてくるようなら、左手の投げが低いことを意味します。左手でも高く投げ上げましょう。そして右手で投げたボールは左手の位置に、左手で投げたボールは右手の位置に落ちてきましたか? 最初はとんでもない方向に飛んでいってしまったのではないでしょうか? でも初めは誰でも似たようなものなので、あせらず慌てず自分のペースで練習してください。そのうち安定するようになります。
右、左の順でできたら左、右の順でも練習しましょう。

(3). 3個続けて高く投げる
2個の投げ上げができるようになったら、いよいよ3個です。しかし3個の難しさは2個の比ではありません。フラッシュに限ったことではありませんが、ボールが1個増えると難しさは10倍~100倍になります。
カスケードを開始したあと、時機をみて右、左、右の順に3個連続で高く投げ上げます。最初のうちは投げたボールがバラバラと落ちてきて、1個も受け取れなかったりすると思います。しっかり高く上げていないと落ちてくるまでの時間が早すぎて余裕がありません。また、同じ高さにしていないと3個同時に落ちてきたりしますし、ボールの軌跡が定まっていないと手を伸ばしても届かないような場所に落ちてきます。これはもう、とにかく練習するしかありません。そのうちできるようになることを信じて少しずつ練習しましょう。

注意点

チェイスのときと同様、高さに細心の注意を払ってください。高く投げること、等間隔で投げること、3個とも同じ高さに投げること、のどれもが重要です。

参考までに

フラッシュは将来3アップピルエットを修得する際の重要な訓練になります。

3つのボールがちゃんと連続で高く上がっているかを判定するために、手を叩いてみてください(この技を3アップクラップと言います)。フラッシュしたらすかさず両手の平を合わせます。これが「パン」という音を立てられるようになれば安定したと言えるでしょう。1回叩くことに成功したら2回、3回と回数を増やしてみてください。回数を増やすためにはボールを高く投げるか、手の動きを速くする必要があります。

531 (Five Three One)

531
概要

3つのボールの高さがどれも違うというとても難しい技です。「ゴーサンイチ」と発音します。

予め修得しておきたい技

カスケード

サイトスワップパターン

531

練習方法

(1). 右から3個投げてみる
3つの高さがどの程度かを知るために、まずは右手から始めて3個のボールを投げてみます。カスケードの途中で右手のボールを高く投げ、動きを止めないで左手のボールを普通に右に投げます。この時点で左手は空、右手に1個のボールを持っていますが、その右手のボールを直接左手に手渡しします(あるいは横に素早く投げても構いません)。それが終わるか終わらないかのうちに、最初に高く投げたボールが左手の方に落ちてきますから、左手に持っている1個を普通に右手に投げてからこれを受け取ります。そしてあとはカスケードに戻ってください。ポイントは、右手で高く投げるボールを思い切って高く投げること、それがちゃんと左手の位置に落ちてくるように投げること、次の左手の投げはかなり小さくすること、などです。まずはこの3個セットの投げが安定するように練習してください。そして余裕が出てきたら、高く上がったボールを左手で受け取る直前の左手の投げに注目してみましょう。普通のカスケードよりも随分と高くなっていませんか? そのままだと531の連続はできません。これを低くするように常に意識しながら練習してみてください。

(2). 左から3個投げてみる
右から3個投げることがある程度うまくいくようになったら、今度は左から始めます。右から始めたときと全く同じことを左から行なえばいいわけですが、これがなかなか大変です。まず左手で高く投げ上げることが綺麗にできません。左手から右手に手渡しするのももたついてしまうでしょう。そして、これが結構重要ですが、高く上がったボールを右手で受け取る瞬間の右手の投げが高くなります。これらについて右から始めたときと同じ感じでできるように練習しましょう。逆に考えると、左から始めたときは右から始めたときよりも悪い点が強調されますので、どこにより神経を使えばいいかが分かります。左から始めたときにできないことは、右から始めたときも(程度の差はありますが)できていないことが多いです。

(3). 連続で投げる
右からと左からの両方ができたら、これらを組み合わせて連続で投げてみましょう。でもいきなり連続にするのは難しいので、まずはカスケードから右の531を1回行ない、しばらくカスケードを続けて左の531、またしばらくカスケードを続けて右の531、……というようにゆっくりと交互にやってみます。それに慣れてきたら、間に入れるカスケードの数を数えるようにします。常に偶数回のカスケードが入るはずなので、例えば6回数えたら反対側の531に切り替える、というように自分で決めておきます。6回で切り替えることが余裕になってきたらこれを4回に、それもできるようになったら2回に、そして0回に減らします。間に入れるカスケードがなくなったとき、そのとき投げているパターンがいわゆる531です。

注意点

やはり、高く投げるボールがきちんと反対側の手の位置に落ちてくるように気を付けてください。これがうまくできないと連続で行なうようになったときに慌ててしまいます。

参考までに

531を連続で投げているとき、実際には「1個を高く投げたあと、両手にある2個のボールを交換している」といった感じになります。本当にそのように投げるとまた違う技になりますが、最初のうちはそれぐらいのつもりで練習するのもいいでしょう。

531は3ボールの技ですが、2ボールでできる似たような技に501(ゴーゼロイチ)というのがあります。ボールが1つ少ないので、531で3の高さに投げるべきボールがありません。片手で「高く」「真横に」を連続して投げ、今度は逆の手で同じように「高く」「真横に」と連続して投げます。2ボールだからといって侮ってはいけません。531ほどではないにしても、501もとても難しい技です。どうしても531ができない人は、先に501に慣れてから531を練習するようにした方がいいかもしれません。

552 (Five Five Two)

552
概要

5ボールを修得するのための4ボールの技としては比較的簡単なものです。投げ方がカスケードに近いため、4ボールの基本であるファウンテンができなくても大丈夫です。「ゴーゴーニ」と読みます。

予め修得しておきたい技

チェイス

サイトスワップパターン

552

練習方法

右手に3個、左手に1個のボールを持ちます。3個の持ち方は、まず普通に2個掴み(親指、人差指、中指で1個、薬指、小指、手の平でもう1個)、この2個と中指の先の3点で支えるように最後の1個を置きます。3個目のボールは「持っている」というよりは「載っている」という感じになります。3個持った状態からの投げ始めは、慣れるまでは結構大変です。552を修得する上で最も大変な部分かもしれません。

ボールの用意ができたら右、右、左、左、右、右、左、左、というように片手で2回ずつ投げていきます。どれも5の高さなので、かなり高く投げます。右、右、あるいは左、左、と同じ手で2回投げるときは間隔を開けて、右、左、あるいは左、右、と反対の手に移るときは連続するように短い間隔で投げてください。右手で2個目のボールを投げた直後に左手に1個目のボールが落ちてきて、これを受け取るために左手のボールを投げ、さらに受け取ったボールも投げ返す。右手も同様に左手で2個目のボールを投げた直後に、落ちてきたボールを受け取るために右手に残っているボールを投げ、さらに受け取ったボールを投げ返す、というようにします。これで常に空中に2個と、左右の手に1個ずつのボールがあることになります。

あとはこれを繰り返すだけなんですが、そんなに簡単にはいきません。まず、投げたボールの高さが次第に低くなってきます。低くなるということは、ボールをキャッチしてから投げ返すまでの時間が短くなるということですから、手の動きが忙しくなり、そのうちついていけなくなります。また、タイミングも右、左、あるいは左、右、と手を交換するところで左右同時になってしまいます。左右同時に投げても続けることはできますが、それはまた別の技なので、ここではきちんと投げ分ける練習をしましょう。

ボールを常に同じ軌道で投げるというのも難しいことです。前後にぶれたり、幅が広がったり、逆に狭くなったり、色々なところに落ちてきてキャッチできなくなります。これをうまく制御するには練習するしかないわけですが、前に投げてしまうなら手前に引くように、広がりすぎるならそんなに強く投げないように意識してみましょう。徐々にでも直っていくはずです。

注意点

特に注意すべきなのは、やはり一番難しい投げ始めの部分です。右手に3個持った状態からスタートすると、最初の2個の投げから既にバラバラになりがちです。3個持っているときは腕に3個分の重量がかかっていますが、1個投げて2個になったときには2個分の重量しかかかっていません。わずかな違いのようですが、このことを意識していないと1個目が低く、2個目が高く上がってしまいます。3個持っているときはそれなりに力が要りますし、2個しかないときは多少力を抜く必要があります。従って1個目は強く投げ、2個目はやや弱めに投げるようにしてみてください。これで最初の2投の高さが揃うと思います。

参考までに

サイトスワップパターンに忠実に実行した場合、やり方(というか意識)が少し違ってきます。最初両手に2個ずつ持ち、等間隔で右、左、休み、左、右、休み、という順番に投げることになります。どちらでも直観的に分かりやすい方で練習してください。

5ボール1マイナス (4 Balls out of a 5-Cascade)

4 Balls out of a 5-Cascade
概要

5ボールカスケードと同じリズムで投げる4ボールの技です。4個のボールを投げたあとに一瞬手が空くのがかえって難しく、難易度的に5ボールと同程度かそれ以上になります。

予め修得しておきたい技

チェイス
フラッシュ

サイトスワップパターン

55550

練習方法

(1). 右から4個投げてみる
左右の手に2個ずつ持ち、右、左、右、左、と4個連続で投げます。右手からは左手に向けて大きく投げ、左手からは逆に右手に向けて大きく投げてください。重要なのはこれらが全て同じ高さに上がっていて、右の2個のボールはそれぞれ同じ軌道、左の2個もそれぞれ同じ軌道を描いて落ちてくることです。最初はキャッチしなくてもよく、落下するのに任せてください。そして軌道が安定したと思ったら、左、右、左、右、の順番にキャッチしてみましょう。受け取るのは大体腰の高さで、2個ずつ同じ場所で取ります。落下点が違う場合は投げを気を付けるようにします。投げの最後が左手で、受けの最初も左手なので、4個のボールを全て投げ終わってから1個ずつ受け取ることになります。まだ手にボールを持っている段階で落ちてきたとしたら、それは投げが低いか投げるタイミングが遅いかのどちらか(あるいは両方)です。3ボールフラッシュの要領で4個を素早く投げるようにしてください。

(2). 左から4個投げてみる
左右に2個ずつ持った状態から、右からのときと同様にして左から4個投げます。最初は投げるだけ、次にキャッチをして、最終的に軌道を安定させてください。投げたときと同じリズムで受け取ることができればOKです。左から始めるときは、右から始めるときとはまた違った難しさがあります。ボールが1個だけ高くなったりしていないか、前後にぶれていないかなどに注意してみましょう。

(3). 連続で投げる
右から4個を素早く投げ、一瞬の間を置いて左から4個を素早く投げます。というよりは、落ちてきたボールを受け取ったらすぐに投げ返す、と考えた方が分かりやすいでしょう。右から4回投げ、左から4回投げ、右から4回投げ、左から4回投げ、……の繰り返しとなります。連続で続けるには、左からの投げをかなり練習しておく必要があります。

注意点

気を付けていないとクロスのシンクロファウンテンになってしまいます。これは、ボールを投げない瞬間をしっかり作らないと左右の投げが同時になるからです。

参考までに

5ボールと同じぐらいの難しさであることから、この技をまじめに練習する意味はあまりありません。ただ、例えば5ボールの練習中に1個落下したとき、そのまま4ボールで続けることができるようになります。

貧乏人の5ボール (Poor Man's 5-Ball)

Poor Man's 5-Ball
概要

手に空きがなく、4ボールながら5ボールのタイミングで投げる技です。初めに警告しておくと、これは5ボールカスケードよりも格段に難しいです。

予め修得しておきたい技

フラッシュ
531

サイトスワップパターン

5551

練習方法

貧乏人の5ボールは左右非対称な技です。以下の解説に従って右から投げ始めると、手渡しの部分が常に左手から右手になります。これが苦手な人は左から投げ始めるようにするといいでしょう。

まずはパターンの1周期分だけやってみましょう。左右に2個ずつのボールを持ちます。最初の3個をフラッシュの要領で、右、左、右、と連続で高く投げます。右手のボールは左手の方向に、左手のボールは右手の方向に向かうようにしてください。1個目のボールが左手に落ちてくる前に、左手に残った4個目のボールを右手に手渡します。あるいは真横に素早く投げても構いません。そして落ちてきたボールを左、右、左、の順に3個とも受け取ります。

3個のフラッシュは綺麗に上がったでしょうか? 4個目を右に渡さず、それまでの3個と同じように投げ上げてしまったりしていないでしょうか? この4個1周期が綺麗にできるように何度も練習してください。

次に2回続けてやってみます。左手から右手にボールを渡したら、右手のボールから始めて、落ちてきたボールを受け取ったらフラッシュのように3個連続で高く投げ返してください。最後に左手で受け取ったボールはまた右手に手渡しします。これで2周。それができたら3回、4回、……と回数を増やしていって、最終的に連続に挑戦してください。

注意点

この技を連続で行なう場合、左手から右手に渡した直後の右手の投げが大きくなり、その次の左手の投げが小さくなりがちです。パターンの中に高さの違う投げが入ると、必ずと言っていいほどこのような現象が起きます。うまくいかないときはそこを意識的に直すようにしてみてください。

5カスケード (5-Ball Cascade)

5-Ball Cascade
概要

ジャグリングを始めた人の前に立ちはだかる大きな壁であり、目標でもある5ボール。その中では最も基本となる技です。

予め修得しておきたい技

チェイス
フラッシュ

サイトスワップパターン

5

練習方法

何を隠そう、5ボールで一番難しいのは最初の5個を投げる部分です。ここがうまくいけばその後しばらくはスムーズにいきますので、とにかく最初の5投を綺麗に投げれるように練習するのが修得の近道です。

右手に3個、左手に2個のボールを持ちます。右手の3個目のボールは、下の2個のボールと中指および薬指の先で支えるようにします。「持つ」というよりは「載せる」といった感じです。この状態から、右、左、右、左、右、と5個のボールを反対側の手の方に向けて連続して投げ上げます。右手に載せていただけのボールは、当然のことながらコントロールが難しく、なかなか思った方向に飛んでくれません。それでも練習を繰り返していれば綺麗な放物線を描くようになりますので、力の加減などを工夫してみてください。

初めのうちは投げたボールを受け取る必要はありません。むしろボールが地面に落ちるようにして、落ちたときの音が等間隔になっているか、あっちこっちに広がって落ちていないかをチェックした方がいいです。これがうまくいけば、投げは大体いいということになります。

5個の投げができるようになったら、5個受け取ってみましょう。全部投げる前にボールが落ちてくる場合は、もう少し高く投げるようにしてください。5ボールは人によってかなり投げ上げる高さが違ってきます。将来的に低い軌道で投げたいとしても、慣れないうちは高目に投げた方がいいと思います。その方が落ちてくるまでに余裕があるし、高く投げるためにはより正確なコントロールが必要とされますので、投げの訓練になります。

左、右、左、右、左、と5個受け取ることができるようになったら、最初に左手で受け取ったボールを、それまでと同じリズムで同じ高さに投げ返してみましょう。それ以外のボールは今までと同様に受け取っていきます。今度は右から5個受け取ることができたかと思います。

次には右に落ちてきたボールも投げ返し、さらに左に来たのも投げ返し、……以下同様で5ボールカスケードになります。そしてあとはひたすら練習。最終的にはどれだけ練習したか、だけです。

注意点

5ボールに限らずボールの技は全てそうですが、練習を始めたばかりのころはビーンバッグを使うのがいいです。キャッチするところを自分で見ることはできませんが、ビーンバッグなら多少ずれていても掴めるし、ボール同士がぶつかっても飛んでいくことがありません。初めのうちは練習している時間よりもボールを拾っている時間の方が長いので、ボールが転がっていかないというのも重要です。ビーンバッグでできるようになってからシリコンやステージボールに切り替えても遅くはありません。

参考までに

5ボールは3ボールや4ボールと違い、ある程度できるようになったからといってずっとできるわけではありません。100回できても200回は遠く、200回できても300回できるようになるには時間がかかります。同じ5ボールが「できる」と言っても100回と200回では全然レベルが違うということを覚えておいてください。