カスケード系の技

ここではカスケードを応用した数々の技を解説します。段々難しい技を紹介していきますので、少しずつ練習するようにしてください。

テニス (3-Ball Tennis)

3-Ball Tennis
概要

テニスと呼ばれる、比較的簡単な技を紹介します。カスケードができていればすぐにできるようになります。

予め修得しておきたい技

カスケード

サイトスワップパターン

3

練習方法

(1). 1回だけ大きく投げる
まずカスケードを行ないます。そのうち右手で1回だけボールを思い切り高く上げてください。そのボールが落ちてくるころには両手に1個ずつボールを持っているはずです。で、落ちてきたボールを左手で受け取って再びカスケードを続けます。これが難なくできるようになったら、今度は投げる位置に気を付けてやってみましょう。テニスでは、この大きく投げるボールだけは通常のカスケードと違って体の右側から投げることになります。
ここまでうまくいったら、右手の場合と同様にして今度は左手でも1回だけボールを高く上げる練習をしましょう。左手で投げるときは体の左側からになります。

(2). 何度も大きく投げる
次に、右手で大きく投げた後しばらくカスケード、左で大きく投げた後しばらくカスケード、また右手で大きく投げた後しばらくカスケード、という具合に左右交互にやってみましょう。右手で大きく投げた後、左手のカスケードを「1」と数え、右手を「2」、左手を「3」……として、例えば10回カスケードをするごとに1回大きく投げるようにします。これができるようになれば8回ごと、次は6回ごと、その次は4回ごと、というようにカスケードをする回数を減らしていきます。最終的にカスケード回数が2回になれば、それがまさしくテニスです。

リバースカスケード (3-Ball Reverse Cascade)

3-Ball Reverse Cascade
概要

リバースカスケードとは、その名の通りカスケードの動きを反対にした技です。カスケードをしているところをビデオにとって、逆回転再生をするとちょうどこのリバースカスケードになります。

予め修得しておきたい技

カスケード
テニス
ハーフシャワー

サイトスワップパターン

3

練習方法

基本のカスケードと同様な練習をすればできるようになります。既にカスケードができていれば、最初から両手に3個持って始めるのがいいでしょう。

最初は右手に2個、左手に1個持った状態とします。まず、右手の1個だけを体の右の方から左に向けて放物線を描くようにして投げ、左手でキャッチします。左手からも同様に投げれるようにし、次に左、右の連続、右、左、右の3連続、4連続……、という具合に次第に回数を多くしていきます。

10回ぐらい続くようになったら、今度は投げる位置にも注意してください。普通、何も気にしないで投げていると両手が次第に内側に寄ってきたり、あるいは逆に外側に離れていったりします。これは投げたボールの軌跡が微妙に内側や外側にずれているためで、毎回同じ場所に投げるようにしないと長く続けることができません。

注意点

リバースカスケードはカスケードの反対の技だけあって、ボールを受け取る位置は体のほぼ正面になります。連続でできるようになったら受け取る位置にも気を付けて練習しましょう。

参考までに

カスケードだけでなく、テニスもできるようになっていると少し修得が速いです。さらにハーフシャワーができるともっと早くできるようになります。

ワイドカスケード (Wide Cascade)

Wide Cascade
概要

何のことはない、単に手を左右に大きく広げてカスケードをするというだけの技です。カスケードさえできればすぐに修得できるでしょう。

予め修得しておきたい技

カスケード

サイトスワップパターン

3

練習方法

カスケードをしながら、両手を次第に外側に広げていきます。そして広げた状態でもカスケードを続けられるようになれば、それがワイドカスケードです。腕をどこまで広げればいいのかという基準はありませんが、可能な限り大きく広げた方が見た目にも派手でよいです。

参考までに

ワイドカスケードを本当に美しく見せるには、両手をいっぱいに広げた状態から腕を動かさないでボールを投げます。これはかなり難しい方法ですが、こうすると3個のボールが直線的に行ったり来たりします。

ワイドリバースカスケード (Wide Reverse Cascade)

Wide Reverse Cascade
概要

手を左右に大きく広げて行なうリバースカスケードです。

予め修得しておきたい技

リバースカスケード

サイトスワップパターン

3

練習方法

リバースカスケードをしながら、両手を次第に外側に広げていきます。そして広げた状態でもリバースカスケードを続けられるようになれば、それがワイドリバースカスケードです。とは言っても、カスケードワイドカスケードの対応とは違い、リバースカスケードに比べてかなり難しい技です。ボールは反対側の手の方に投げるのではなく、体の左右の端でほぼ真上に投げ上げるようにします。そして反対の手をすばやくそこまで持っていき、また外側に戻して投げなければなりません。練習を開始してしばらくの間は、どうしてもボールを内側に投げてしまいますので、そこに意識を集中させるといいと思います。

どの技でもそうですが、初めのうちはボールを高めに投げるようにしてゆっくり練習しましょう。

注意点

ワイドリバースカスケードは、ワイドカスケードを単に逆転させた技ではありません。修得にはかなり時間を要します。

リーチオーバー (Reachover)

Reachover
概要

端で垂直に上がったボールを、反対側の手ですばやくひったくって続けます。

予め修得しておきたい技

カスケード

サイトスワップパターン

3

練習方法

リーチオーバーはそれほど難しい技ではありませんが、とっかかりを掴みにくいところがあります。いきなり完成形を目指すのではなく、まずは片側でできるようにするのがいいでしょう。

(1). 片側
カスケードを開始します。右手でボールを投げるときになったら、これを左に投げる代わりに右の肩のあたりで真上へ向けて、少し高めに投げます。するともちろん右手の方に落ちてきますが、このボールは本来左手でキャッチすべきものですので、左手を素早く右に移動させてこれを取りに行きます。左手に持っているボールは、取りに行く途中でリバースカスケードの要領で投げ上げます(特に意識しなくても自然とリバースになります)。
ボールを取ったあと、左手は本来の位置に素早く戻します。左手の動きだけ観察すると、右側のボールをひったくってきたように見えるはずです。あとは再びカスケードを続けてください。
最初のうちはボールを真上に投げることだけを考えた方がいいでしょう。無理に左手で取ろうとしても体勢が崩れますし、右手で投げたボールも内側へ入ってきてしまいます。落としてもいいから真上に投げることに集中してください。
右側でできるようになったら左でも同様にできるように練習してください。

(2). 両側で交互
左右どちらでもボールを真上に投げる → 反対の手でひったくるということができるようになったら、これを交互にやってみましょう。はじめのうちは途中にカスケードが何回か入っても構いません。右側リーチオーバー → カスケード → 左側リーチオーバー → カスケードというパターンで練習してください。
ある程度慣れてきたら、途中に入るカスケードの回数を少しずつ減らすようにします。ここでは中4回を目指しましょう。左手でひったくったときに「1」と数え、次に右手で投げるのを「2」、左手の投げを「3」、右手を「4」とし、「5」のときに左手で真上に投げるようにしてください。右手でも同様に数えれば「1、2、3、4、5、1、2、3、4、5」というリズムで続けることができるはずです(厳密には「5」と「1」の間には僅かな休みが入ります)。

(3). 両側で連続
両側で中4回で交互にできるようになったら、いよいよ連続です。これまでの延長でできるわけですが、最初に知っておくといいのは「ひったくったボールをすぐに真上に投げ上げる」ということです。間にカスケードは入りません。このため、特定の1個のボールについては右側で高く上げる → ひったくる → 左側で高く上げる → ひったくるというルートを通ることになります。

参考までに

私はこの方法で練習しましたが、リバースで投げる部分が結構あるため、人によってはリバースカスケードから入る方がやりやすいかもしれません。

リーチアンダー (Reachunder)

Reachunder
概要

端で低く上がったボールが落ちそうになるのを、反対側の手ですばやく取りにいって続けます。

予め修得しておきたい技

カスケード

サイトスワップパターン

3

練習方法

リーチオーバーと似ていますので、練習はリーチオーバーのそれに準じて行ないます。ただ、手を上に回すのと下に回すのとでは勝手が違いますので、リーチオーバーができていれば直ちにリーチアンダーもできるようになるというわけではありません。

(1). 片側
カスケードを開始します。右手でボールを投げるときになったら、これを左に投げる代わりに右の肩のあたりで真上へ向けて、低く投げます。右手はその後左からのボールを受け取るために左に移動させますので、今投げ上げたボールは右手より外側に落ちてくることになります。これが肘より下に落ちてくるのを待って、左手で取りに行きます。左手に持っているボールは、取りに行く前にリバースカスケードの要領で投げ上げます(特に意識しなくても自然とリバースになります)。ボールを取ったあと、左手は本来の位置に素早く戻します。あとは再びカスケードを続けてください。
右手で真上に投げるボールは、投げるというより手を離しただけという感じになります。高さはカスケードの半分ぐらいでしょうか。初めのうちは、ボールを右手のさらに外側に落とすということに意識を集中させるのがいいでしょう。落ちそうになるボールを左手で取るのは実はそれほど難しいことではないからです。右手のボールはやや外側に投げるようにした方がうまくいくかもしれません。
右側でできるようになったら左でも同様にできるように練習してください。

(2). 両側で交互
左右どちらでもボールを低く投げる → 反対の手で取りに行くということができるようになったら、これを交互にやってみましょう。はじめのうちは途中にカスケードが何回か入っても構いません。右側リーチアンダー → カスケード → 左側リーチアンダー → カスケードというパターンで練習してください。
慣れてきたら途中に入るカスケードの回数を少しずつ減らすようにします。ここでは中4回を目指しましょう。左手で取りに行ったときに「1」と数え、次に右手で投げるのを「2」、左手の投げを「3」、右手を「4」とし、「5」のときに左手で低く投げるようにしてください。右手でも同様に数えれば「1、2、3、4、5、1、2、3、4、5」というリズムで続けることができます(厳密には「5」と「1」の間には僅かな休みが入ります)。

(3). 両側で連続
両側で中4回で交互にできるようになったら、いよいよ連続です。これまでの延長でできるわけですが、これもリーチオーバーと同様「取りに行ったボールをすぐに真上に投げる」ということを知っていると修得が早いです。

アーチ (Arch)

Arch
概要

3個のボールがそれぞれ別個の、固定された弧状の軌道を通ります。

予め修得しておきたい技

テニス

サイトスワップパターン

3

練習方法

いきなりアーチの形から入ると大変ですが、テニスの変形だということを理解してしまえばそれほど難しくありません。

まずテニスを続けます。外側のボールを投げ、すぐ次のボールはやや大きめに投げ、その次のボールを小さく投げます。基本的にはこれだけのことですので、あとは練習して弧が綺麗に見えるように、大中小の弧が等間隔で並ぶように注意すれば完成です。慣れてくればテニスと同じ感覚でできるようになります。

参考までに

一番外側のボールを投げるときはワイドカスケードのように両腕を大きく広げると、3つの軌跡がはっきりして綺麗に見せることができます。逆に言うと、軌跡がはっきりしないと見た目にテニスとそれほど変わらないことになります。

クロスアーム (3-Ball Cross Arm)

3-Ball Cross Arm
概要

腕を交差させたままの状態でボールを投げます。見た目はリバースカスケードに似ていますが、腕が自由に動かせない分だけ難しくなっています。

予め修得しておきたい技

カスケード
ミルズメス

サイトスワップパターン

3

練習方法

右手に2個、左手に1個のボールを持ち、腕を交差させた状態にします(どちらの腕を上にしても構いません)。この状態で右手のボールを左手の方に投げてみます。このボールが左手のやや内側か、体の正面に落ちてくるように投げを調節してください。右手ができたら今度は左手で投げてみてください。交差させた腕の、上にある方の手からは比較的投げやすいですが、下の方の手からはかなり投げ難いと思います。両手とも同じ高さに同じような軌道で投げられるように練習してください。

1回の投げがうまくいったら、今度は右、左の順に2回連続で投げてみましょう。ここでも左右のボールの高さに気をつけてみてください。それがスムーズにできるようになったら、今度は逆に左、右と投げる方も練習しておきます。

2回までできるようになったら右、左、右と3回順番に投げてみます。ここでボールとボールがぶつかるようであれば、軌道が安定していないということですので、リバースカスケードを練習したときのことを思い出してボールを体の真ん中あたりに落とすようにしましょう。また、ボールが落ちてくるのに手の動きが間に合わないというのであれば、ボールを高めに投げてみてください。

右、左、右ができたら左、右、左の順で3回、次は4回、5回という具合に回数を増やしていきます。初めのうちは1回増やすのにも苦労しますが、段々慣れてきて、軌道も低く楽にできるようになります。

参考までに

クロスアームは普通はミルズメスから移行させる技です。先にミルズメスを修得していれば、既にボールを投げ続けている状態からスタートできるし、腕を交差させて投げる訓練もしていることになるので、多少は楽です。

クロー (Clawing)

Clawing
概要

ボールを下から受け取るのではなく、上から鷲掴みにして空中をひっかくように取ります。腕の振りを大きくできれば、ダイナミックで見栄えもします。逆に手の動きを小さくした場合は猫の動きに似てきます。

予め修得しておきたい技

カスケード

サイトスワップパターン

3

練習方法

やはり最初はボール1個から練習します。3個のボールでゆっくり、高めにカスケードを開始してください。そのうち1個を左手で投げたら、右手で受け取るときに上からボールを叩くような感じですばやく取ります。そしてすぐにカスケードに戻ります。初めのうちは上からではうまく取れなかったり、叩くのが強すぎてボールを地面に叩き落としてしまうこともあるでしょうが、何度かやってみればできるようになります。

右手1個の1回のクローがうまくいったら、今度は右手で連続でやってみましょう。連続でやると難しさもまた違ってきます。1回だけのときよりもボールを叩き落としてしまうことが多くなると思います。また、右手は手の平を下に向けたままボールを投げることになるので、普通にカスケードをやっているときとは感覚が違って、あらぬ方向に飛んでいってしまいます。ボールは上向きに、ゆっくり投げましょう。

右がある程度できるようになったら次は左手です。右手のときと同じようにまずは1回から、クロー1回ができたら2回、3回、……と回数を増やしていき、連続で何回もできるように練習しましょう。利き手でないので、右手でマスターするのに要した時間より余計に時間がかかると思いますが、焦らずにゆっくりと修得してください。

左右それぞれの手でできるようになったら、いよいよ両手の連続に挑戦です。片手でやっていたときは、クローからの投げが多少おかしくても反対側の手でそれを吸収することができました。しかし今度は両手ともクローからの投げになるため、少しのぶれもどんどん増幅されていきます。なるべくゆっくり、上に向けて丁寧に投げることに気をつけて左右連続で投げてみましょう。初めは右、左の2回で構いません。それができるようになったら右、左、右の3回、そして4回、5回と回数を増やしていけばいいのです。

注意点

カスケードからクローに入ったときには、どうしても投げる高さが低くなりがちです。最終的にはその低い投げでできるといいのですが、練習を始めたばかりの頃はこの高さでは少々つらいと思います。手の平を下に向けた変な状態ですが、なるべく上の方に投げるよう心がけましょう。ゆっくり丁寧に、です。

そして慣れてきたら手の動きを速くしたり、振りを大きくしたりして見栄えよくできるように工夫してください。鏡を見ながら練習するのが効果的です。

参考までに

この技、正面から見せてもいいですが、体の向きを横にして見せることもできます。その場合はなるべく腕の振りを大きく、縦に円を描くようにできると綺麗です。

また、クローは連続で見せなくとも、カスケードの途中で素早く1回やるだけでも観客の意表を突いてなかなかよいです。

オーバーザヘッド (Over the Head)

Over the Head
概要

頭の上でカスケードをします。とだけ書くと簡単そうですが、実際には手の平の位置が普通とは違うところにありますし、向きも逆の状態になるため、ある程度練習を積まないとできるようになりません。

予め修得しておきたい技

カスケード

サイトスワップパターン

3

練習方法

ボールを顔の真上に投げて、そのまま真っ直ぐ顔の上に落ちてくるのを受け取るというのは結構恐いものです。オーバーザヘッドの場合もやはりボール1個を投げるところから始めて、ボールの個数、投げる回数を徐々に増やしていくようにしましょう。

私は最初、布団に寝転がって練習しました。立ったままだと首が疲れるのと、落としたボールを拾うのに時間がかかるというのがその理由です。必ずしも寝転がる必要はありませんが、新しい技に挑戦するときはなるべく技の練習に専念できるような態勢で臨みたいところです。以下では寝転がって練習することを想定して書きます。

一番初めにカスケードを練習したときと同様、まずはボール1個だけを投げてみましょう。右手を耳のすぐ横あたりに持ってきて、顔の真上を通して左の方に投げます。うまくいかなくて遠くへ飛んでいってしまったり、間っ逆さまに顔に落ちてきたりしたのではないでしょうか? これが左右どちらからでも、同じような高さに同じような軌道を通って投げられるようにしてください。ボール1個だけならそれほど難しくはないと思います。

1個がうまく投げられるようになったら次は2個に挑戦です。左右の手に1個ずつボールを持って右、左の順、そして左、右の順で投げてみます。このときにも左右のボールが同じ高さに、同じ軌道で投げられるようにしてください。高さが足りないとボールがすぐに顔に向かって落ちてきますので、怖さも倍増ですしボールがぶつかりやすくもなります。なるべく高く投げるように気を付けて練習すればできるようになるでしょう。

ボール2個でできるようになったら、3個に増やします。1回や2回なら、今までと同じことなのですぐにできると思います。

左右で2回できるようになったら次は3回、そして4回、……というように次第に回数を増やしていきます。2~3回はうまく投げることができても、ボールの位置が次第にずれていくと思います。気を付けないと顔の上に落ちてきたり、頭の先の方に飛んでいってしまったり、左右に広がりすぎたりします。また、寝転がった態勢だと両手の肘が床(布団)に当たったりして投げ難いため、あまり続かないと思います。数十回安定して投げられるようになれば十分だと思います。

次はいよいよ上体を起こしての練習です。いきなり上に向けて投げ始めてもいいですし、普通のカスケードから1個だけ高く投げてオーバーザヘッドに入ることもできます。寝転がった状態である程度続いていれば、すこし練習すればできるようになるはずです。最初のうちは投げが不安定だと思いますが、なるべく高く投げるようにすれば次の動作まで余裕ができて、段々調節が利くようになります。

注意点

この技は腕が疲れます。一度にたくさん練習するのではなく、毎日少しずつやるようにした方が負担が少ないです。

寝転がって練習するときはビーンバッグなど柔らかいものを使用しましょう。シリコンボールやステージボールなど、固いボールが目を直撃するととても痛いです(下手すると失明の危険もある)。

この技を行なう位置ですが、目の真上、口の上あたり、やや前方、と人によってまちまちです。自分で一番やりやすい場所、あるいは一番美しく見える場所で練習するのがいいと思います。

参考までに

「オーバーザヘッド」と言えば、普通は頭上で行なうカスケードを指しますが、別にカスケードでなくても構いません。簡単なところではリバースカスケードハーフシャワーが割とすぐできるようになりますし、シャワー、ボックス、441といった技も練習次第でできるようになります。