シャワー系の技

子供の頃に経験したことのあるお手玉(2ボールシャワー、日本語では両手2個ゆり)、田舎のおばあちゃんのお手玉(3ボールシャワー、両手3個ゆり)と、その系統の技を解説します。

ジャグリングといえばカスケードが基本ですが、日本のお手玉というとこのシャワーが基本になります。同じ数のボールを使用した場合、より高くより速く投げなければならない分カスケードよりもシャワーの方が難しいです。

ここではシャワー系の技を紹介します。

ボール2個のお手玉 (2-Ball Shower)

2-Ball Shower
概要

日本のお手玉のうち最も基本となる投げ方です。2ボールシャワー、略して2シャワーと言います。

予め修得しておきたい技

ボール1個の投げ方

サイトスワップパターン

31

練習方法

ボールを左右に1個ずつ持ちます。右手のボールを投げて、それが落ちてくるまでに左手のボールを右手に渡します。落ちてきたボールを左手でキャッチしたら、再び右手のボールを投げ上げます。

2シャワーは、左手でキャッチしたときに一瞬静止できるので、それほど難しくはありません。ボールを高めに上げて練習すればすぐにできるようになります。

参考までに

左手から右手にボールを渡すとき、普通はほぼ水平にすばやく投げます。しかしとにかくボールを渡すことができればいいわけですから、投げないで左手と右手をくっつけて受け渡しても構いません。

シャワー (3-Ball Shower)

3-Ball Shower
概要

日本人なら2シャワーぐらいは誰でもできますが、3シャワーのできる人はぐっと少なくなります。ところが田舎のおばあちゃんの中には、この3シャワーを楽々こなす人が結構います。これができるようになれば、あなたも今日から田舎のおばあちゃんの仲間入りです。

予め修得しておきたい技

ボール2個のお手玉

サイトスワップパターン

51

練習方法

右手に2個、左手に1個ボールを持ちます。まず右手の1個を高く投げ、それが落ちてくる前に右手の残り1個と左手の1個を同時に投げます。右手で投げるボールは先程投げたボールと同様に高く上げ、左手のボールは右手に向けて真横に投げます。そして最初に投げたボールが落ちてきたら左手でこれをキャッチし、再び右手と左手を同時に投げます。はじめのうちは余裕がないので、右手で投げるボールを極力高くするようにしましょう。

シャワーでは右手は常に放物線を描くように高く投げ上げ、左手は常に真横にすばやく投げます。本当は右手と左手の動きには僅かにタイムラグがあって、右、左、右、左、……という具合に投げるようです。ただ私はそれをちゃんと認識して投げているわけではありませんし、実際ほとんど同時に投げているような気もします。全く同時だと「シンクロシャワー」という別の技になるらしいですが、あまり気にしなくてもいいと思います。

シャワーを反時計回りに楽に投げられるようになったら、時計回りにも挑戦してみましょう。左手でも右手と同じことができるようにしておくというのは、他の技を修得するときに役立ちます。

注意点

慣れないうちは左手の投げが真横にならずに、ふわっと宙に浮いてしまうと思います。これを直すには、左手のボールを右手に叩きつけるようにしてみてください。このとき右手のボールは、投げるというよりも「左から来たボールを受け取るために離してしまった」という感じになります。最初はボール2個だけでやってみてください。このやり方でボール2個のお手玉がうまくできるようになったら、次第に右手で投げる高さを高くしていきます。十分高く投げられるようになったらボールを3個に増やしてシャワーの練習をしてみてください。

シャワーを何回か続けたときに体が右の方に移動してしまうということはありませんか? これは右手の投げがちゃんと左に向かっていないということですので、この場合もボールを2個に減らして、右手の投げに神経を集中させてやってみてください。ボール2個で問題なくできれば練習を続けることで3シャワーもできるようになります。

参考までに

片手2個ができる人は、片手2個を投げるタイミングで投げるようにしてみてください。片手2個にもう1本手を添えたのが3シャワーです。

3シャワーは、サイトスワップの5の高さに投げる技としては最も簡単なものです。本来なら右手で投げるボールは普通のカスケードの3~4倍の高さになるところですが、実際にはそれほど高く上げる必要はありません。慣れてくるとカスケードと同じ高さでもできるようになります。

ハーフシャワー (3-Ball Half Shower)

3-Ball Half Shower
概要

シャワーのように常に一定方向に投げる技ですが、カスケードやテニスと同じタイミングで投げるのでシャワーよりゆったりしています。

予め修得しておきたい技

カスケード

サイトスワップパターン

3

練習方法

見た目はシャワーに似ているのですが、技術的にはカスケードに近い技です。練習の仕方はテニスとほとんど同じです。

(1). 1回だけ大きく投げる
まずカスケードを行ないます。そのうち右手で1回だけボールを高く上げてください。そのボールが落ちてくるころには両手に1個ずつボールを持っているはずです。で、落ちてきたボールを左手で受け取って再びカスケードを続けます。これが難なくできるようになったら、今度は投げる位置に気を付けてやってみましょう。ハーフシャワーでは、右手のボールは通常のカスケードと違って体の右側から投げることになります。

(2). 何度も大きく投げる
次に、右手で大きく投げた後しばらくカスケード、また大きく投げた後しばらくカスケード、という具合にやってみましょう。大きく投げた後、左手のカスケードを「1」と数え、右手を「2」、左手を「3」……として、例えば9回カスケードをするごとに1回右手で大きく投げるようにします。これができるようになれば7回ごと、次は5回ごと、というようにカスケードをする回数を減らしていきます。最終的にカスケード回数が左手の1回だけになれば、それがハーフシャワーです。

参考までに

慣れてしまえばハーフシャワーはとても簡単な技で、シャワーで落とすことはあってもハーフシャワーで落とすことはまずありません。ところが、個人差はありますが、修得するまではシャワーの方がやりやすく感じられます。昔から2シャワーに慣れているせいでしょうか?

上中下のシャワー (3-Ball High-Low-Middle Shower)

3-Ball High-Low-Middle Shower
概要

シャワーの高さを3段階に変化させます。できるようになるまでは大変ですが、見栄えがするのでぜひともレパートリーに加えておきたい技です。

予め修得しておきたい技

シャワー

サイトスワップパターン

315171

練習方法

ハーフシャワーを修得するときのやり方に似ています。

(1). 1回だけ大きく投げる
まず、自分から見て反時計回りにシャワーを行ないます。そのうち右手で1回だけボールを思い切り高く投げ上げてください。これは7の高さなので、3シャワーの2~3倍、距離にして2mぐらいです。普通にシャワーの動作を続ければ、そのボールが落ちてくるまでに両手はボールを1個ずつ持った状態になります。ボールが落ちてきたら、これを左手でキャッチしてそのままシャワーを続けます。これはそれほど難しくはありませんから、高く上げる → 普通のシャワーというパターンを続けて何度も練習してください。

(2). 1回だけ上下に投げる
高く上げる → 普通のシャワーが楽にできるようになったら、次に1回だけ上下に投げてみます。高く投げ上げたボールがまだ落ちてこないうちに、右手のボールを左手の方に小さく投げてください。左手は、このボールを取るために、持っているボールを今までと同様に右手に向けて真横に投げます。要するにボール2個のお手玉を1回行なうわけですね。ここで先程投げ上げたボールが落ちてきますので、これを左手でキャッチしてそのままシャワーを続けます。最初のうちは、高く上げたボールがものすごい速さで落ちてきて驚きますが、何度か練習しているうちにどうにか受け取れるようになります。

(3). 何度も上下に投げる
次に、上下に投げた後しばらくシャワー、また上下に投げた後しばらくシャワー、という具合にやってみましょう。上下に投げた後、例えば5回シャワーをするごとに1回上下に投げるようにします。これができるようになれば4回ごと、次は3回ごと、というようにシャワーの回数を減らしていきます。最終的にシャワー回数が1回だけになり、上、下、中、上、下、中というリズムで投げることができれば、それが上中下のシャワーです。

参考までに

上中下のシャワーは、7の高さに投げる技としては最も簡単なものです。慣れてくると5ぐらいの高さでもできるようになります。

上下のシャワー (3-Ball High-Low Shower)

3-Ball High-Low Shower
概要

上中下のシャワーから「中」を取り除いたものです。上中下のシャワーができるようになっていれば割合早くマスターできるでしょう。

予め修得しておきたい技

シャワー
上中下のシャワー

サイトスワップパターン

7131

練習方法

上中下のシャワーと同じ方法でOKです。シャワーの回数を減らしていって最終的にシャワー回数が0になり、上、下、上、下というリズムで投げることができればそれが上下のシャワーです。

注意点

続けて何回か投げるとボールが一方に飛んでいって、そちらの方向に歩いてしまうということはありませんか? これはボールのスピードに手の動きが追いついていないためです。練習していればそのうち安定しますが、普段から高く投げたボールの高さと角度に注意していましょう。

右手で小さく投げるときは「ボール2個のお手玉をする」というより、むしろ「左右のボールを交換する」と考えた方がいいです。高さも普段の3の高さではなく、1と同じぐらい低い軌道で投げてみてください。

参考までに

上中下のシャワーを何度か行なったあと、この上下のシャワーに続ければスピードアップしたように見えます。これも7の高さに上げる技としては比較的簡単です。

スパイラル (Spiral)

Spiral
概要

フォールス・シャワー (False Shower) とか風車 (Windmill) とか呼ばれることもあります。シャワーのようにボールが一定方向に回転しますが、シャワーより軌道が低く、手の動きの忙しい技です。

予め修得しておきたい技

リバースカスケード
ミルズメス

サイトスワップパターン

3

練習方法

ここでは体の左側からボールを投げて、右側で受け取るような(自分から見て)時計回りのパターンのやり方を説明します。

(1). 左右1回ずつ投げる
右手に2個、左手に1個のボールを持ち、右手を上にして腕を交差させた状態にします。右手のボールを、手を交差させた状態から右上に向けて投げます。このときボールは、リバースカスケードの左手の投げのような軌跡を描くようにします。投げた勢いで腕の交差がほどけますので、今度は左手のボールをリバースカスケードの要領で投げます。そしてそのまま先程右手で投げたボールを追って、これが落ちてくるのを体のやや右側で受け取ります。受け取ったあとは左手が上になった状態で腕が交差しているはずです。
とりあえずここまでやってみましょう。左手で投げたボールは受け取らなくていいです。それは床に落ちるままにして、とにかくボールの軌道と腕の動きがスムーズになるようにしてください。

(2). 3個目を投げる
2個目までの投げがうまくできるようになったら、右手に残っている3個目のボールを投げてみます。腕が交差した状態で左手の下から、1個目と同じように右上に向けて投げます。そして左手で投げた2個目のボールが落ちてくるのを、やはり体のやや右側で受け取ります。と同時に、左手を右腕の手前側から下に引いて交差をほどきます。
今度も次に落ちてくるボールは放っておいて構いません。ボールを受け取ろうとして体勢を崩すよりも、今は腕の動きに気を付けてください。

(3). 4個目以降を投げる
3個目を投げ終わった状態というのは、1個目を投げ終わった状態と同じです。従って4個目は2個目と同様にして投げ、そして落ちてきたボールを受け取ります。あとは2個目、3個目の投げを繰り返すだけです。

時計回りができるようになったら、反時計回りも練習してください。シャワーを逆回りでもできるようにするよりは楽です。

注意点

はっきり言って難しいです。手の動きが速くて、初めのうちはついていけません。そこで、カスケードを始めた頃がそうであったように、1回1回の投げを大きくして練習してみてください。こうするとボールが落ちてくるまでに多少の余裕が生まれるため、手の動作でもたつくことも少なくなるのではないかと思います。この技の場合、練習段階では綺麗に見せることより回数を続けることに主眼を置いた方がいいような気がします。慣れてくれば軌道も低く安定するようになりますから。

初めのうちはボールを高く投げていても次第に低くなってしまいます。そうすると腕の動きを速くしなければならず、長続きしません。回数が続かないときは高さが低くなっている可能性がありますので、常に高めに投げるよう意識してください。

参考までに

ミルズメスができるようになっていると、割ととっつきやすいです。実際に私はミルズメスを修得したあとでこの技に挑戦しました(というかミルズメスより後にこの技を知った)。

ミルズメスのパターンで右側3回、左側でも3回投げたあと、ボールを取った左手をそのまま右手の手前から下に引き、再び左の外側からリバースカスケードの要領で投げます。次に、右手はもう一度左手の下へ持っていってから投げるようにします。その後はこの左手~右手の動作を続ければスパイラルになります。

この技はサイトスワップで3のパターンなので、本来ならカスケードと同じ高さです。実際うまくなれば同じ高さ、同じスピードで行なうことができます。

自由の女神 (Statue of Liberty)

Statue of Liberty
概要

自由の女神像のように片手を挙げたままの状態で行なう技です。腕がしっかり上がっているととても綺麗に見えます。

予め修得しておきたい技

ハーフシャワー

サイトスワップパターン

3

練習方法

ここでは左手を上に挙げた状態でのやり方を解説します。投げるタイミングやテンポはハーフシャワーのそれとほとんど同じです。ただ、最初から腕を伸ばした状態で行なうのは無理なので、ハーフシャワーから始めて次第に腕を高くしていくようにします。

反時計回りのハーフシャワーを開始します。ハーフシャワーを続けながら、左手をゆっくりと上に挙げてみましょう。初めは目の高さぐらいで止めておきます。この状態でも普通に続けられるでしょうか? ここで重要なのは手の平の高さを一定に保つことです。知らず知らずのうちに左手が高くなったり、低くなったりしてはいませんか? また、右手が上に上がってきてしまうということもあります。右手は腰の高さで固定しておいてください。

左の手の平は90度回転させて横向きにした方がやりやすいです。普通にジャグるときは手首を手前に、指先を外向きにしていますが、上に挙げた手は手首を右に、指先を左に向けてみてください。こうすると左手で受け取ったボールは「投げる」というよりは「滑り落とす」感じになります。また、ボールの衝突を避けるために、右手はボールを受け取った位置よりもやや右側から投げるようにします。

目の高さでできるようになったらもう少し上の方でやってみます。最終的に左手は伸ばした状態で、しかもあまり動かさないようにしてできるように練習しましょう。

参考までに

ここで紹介した自由の女神は、右手で投げたボールが最高到達点を通過したあとに左手で受け取るものでした。これとは逆に最高到達点の手前で左手で受け、左手は少し上に押し上げるようにしてボールを投げるバリエーションもあります。こちらは左手の操作が入るため、やや難しくなります。