大回転

腕を大きく回して体の前で1周させる技を紹介します。いくつかの技を組み合わせてシガーボックスのルーティンを構成する場合、これらはどれもトリの技として使えるものばかりです。頑張って練習するだけの価値はありますのでぜひとも習得を目指してください。

外抜き大回転

End Round to Crossed Hands
別名

大回転
End Round to Crossed Hands (エンドラウンド・トゥ・クロスハンド)
End Around and Back Home (エンドアラウンド・アンド・バックホーム)

概要

外抜きをしたあと、腕を1周させて両手が交差した状態でキャッチします。

予め修得しておきたい技

外抜き
クロスキャッチ

回転数表記

0R00L

練習方法

まず、外抜きが余裕でできることが前提条件です。
右手でこの技を行なうとして解説します。最初の動作ではシガーボックス全体を真上に投げて、左端の箱を勢いよく掴みます。このとき隣の箱に衝撃が伝わると、2個が空中で分かれてしまってうまくいきません。腕を左の外側に持っていく感じで振り下ろしてください。
箱を掴んだら、その勢いで空中の2つの箱の下を通して右側に移動させ、さらに頭の上から左側に持っていきます。最後は両手をクロスした状態で挟んで完了です。挟む直前には右手を思いっきり左の方へ持っていっておくとキャッチが楽になります。
ポイントは2個の箱を少し高めに投げること、腕を大きく振り回すこと、そして左手はギリギリまで待って最後の瞬間に箱を掴むことです。ただし、練習を始めたばかりのころは腕の振りは小さい方がやりやすいかもしれません。
大回転が終わったときには腕が交差した状態になっています。ここで真ん中の箱に回転を付けながら両手を大きく回すと外すことができます。これも一緒に覚えましょう。

両外抜き大回転

Cross Hand to Crossed Hands
別名

両端大回転
両抜き大回転

概要

両外抜きをしたあと、腕を1周させて両手が交差した状態でキャッチします。

予め修得しておきたい技

両外抜き
外抜き大回転

回転数表記

0R00L

練習方法

要するに外抜き大回転を左右両方の手で同時に行なう技です。とても見栄えのする技ですが、極端に難しいのも事実です。
両外抜きは余裕でできることを前提として話を進めます。
外抜き大回転のときと同じように、右手は体の左側→箱の下→右側→頭の上→左側と移動させ、左手はこれと対称な動きをします。両外抜きでは箱の下で両手の交差がありましたが、両外抜き大回転ではさらに頭の上でも交差します。私はその瞬間、どちらも右手が上になるようにしていますが、自分のやりやすい方法で行なってください。
両手がクロスした状態で挟むのが難しいです。最初のうちは単純に間に合いません。間に合っても、両手に持った箱が中央の箱に対して斜めになります。技の最初から最後まで3つの箱は同一の平面上を移動しているはずですが、なぜかずれます。そして挟み込むときの力が強すぎて綺麗に収まりません。これらの現象はそれぞれ違う原因で起きますから、どういう状況になっているかを自分で考え、練習していく間に徐々に直すようにしてください。
両外抜きは簡単なのに大回転になると全くできないという人に1つだけアドバイスをすると、最初に3つの箱を上げるときに勢いをつけてください。両側の箱を抜いた瞬間にも真ん中の箱がまだ上へ上がり続けている状態でないとこの技はできません。両外抜きだけなら上がりきったところで抜いても間に合うし、その方が楽にできましたが、それでは遅いです。全体が上がりきる前だとスピードもあり、ちょっとしたミスですぐに真ん中の箱が回転してしまいます。両外抜きのときよりもさらに両手を外側に、大きく回すようにしてみてください。

注意点

この技に限ったことではありませんが、腕を大きく振る技では箱を体にぶつけて怪我をします。大技になればなるほどスピードもついているため、当たったときはとても痛いです。気を付けましょう。
また、自分にぶつけるだけならまだしも、人に危害を加える可能性も高くなります。特に練習を始めたばかりのころは箱を掴む力が弱く、持っていた箱を地面や空中に向けて思いっきり投げつけてしまうことがよくあります。周りの状況をよく確かめて、人を怪我させないようにくれぐれも気を付けてください。

世界一周

Round the World
別名

特になし

概要

外抜き大回転の途中で手渡しを入れて、ホームポジションに戻します。

予め修得しておきたい技

外抜き
手渡し

回転数表記

0L0[0L1R]

練習方法

この技は動きが忙しいだけで最後のキャッチは難しくないため、外抜き大回転よりは楽です。外抜きと手渡しは余裕でできるようにしておいてください。
右手から左手に手渡す場合、まずは全体を真上に投げて左端の箱を勢いよく掴みます。その箱を大回転のときと同じように体の左側→空中の箱の下→体の右側→頭の上と移動させます。頭の上まできたら、その箱を縦向きにして左手に渡します。あとは空中にある2つの箱の右側を右手で掴みつつ、左手も同時に最初の位置に戻せば完了です。
手渡しを慎重に行なうと時間が足りなくなりますので、ほとんど見ないで自動的に手渡せるようにしてください。
この技の難易度および見栄えは、腕をどれだけ大きく回すかで決まります。大回転と違ってクロスキャッチをしないので、見栄えはあまりよくないものの小さく回すことが可能です。最初のうちはそれでも構いません。慣れるに従って次第に腕の振りを大きくしていくのがいいと思います。