基本動作

シガーボックスの中でも簡単な技を紹介します。これらは技というよりも基本動作と言った方が適切かもしれません。シガーボックスの全ての技についてここに登場する動きや箱の投げ方、掴み方などは必要になります。

端回し

End Turn
別名

端返し
End Turn (エンドターン)

概要

端の箱を持ったまま手首をひねります。

予め修得しておきたい技

特になし

回転数表記

000

練習方法

右手をひねる場合、全体をやや左に押し付けるようにして持ち上げ、右手は箱を持ったまま1/2回転させます。そして端にある滑り止めで左手側の2個の箱を押さえてキャッチします。次に今とは正反対の動作で元に戻します。慣れないうちは左手の2個の箱が真上からやや右ぐらいに上がって、キャッチしたときには体が右側に流されていると思います。左手の方に押し付けることを意識してください。
注意すべき点は、左側の2個の箱はくっついたままであること、再び合体させるときに力を入れすぎないこと、滑り止めの面同士が平行になるようにすることなどです。あと、これは全ての技について言えることですが、箱を受け取るときに膝を少し曲げるようにすると楽に取れます。いっそのこと、しゃがみこんでしまっても構いません。
右手がうまくいったら左手も練習しましょう。

参考までに

この技は1/4回転ずつ行なうこともできます。箱を1/4回転させた状態では滑り止めが利かないので難しそうですが、実際はそれほどでもありません。1/4回転ずつひねって、それと正反対の動きで戻します。ある程度の速さでできるようになるとリズミカルな音を鳴らすことができます。

箱の持ち替え

Grip Change
別名

Grip Change (グリップチェンジ)

概要

シガーボックスは3個くっつけたままで、手の持つ位置を変えます。

予め修得しておきたい技

特になし

回転数表記

000

練習方法

3つの箱の位置を保ったまま全体を少し上に持ち上げ、右手を返して右端の箱を下から支えるように持ち直します。このとき左手は箱から離しません。3つの箱が空中で分かれてしまってうまくいかないときは、全体をやや左に押し付けるようにして持ち上げてください。
右手を返すことができたら、同様な動きで右手を元の位置に戻します。
右手の返しと戻しがどちらもできるようになったら、今度は左手でやってみましょう。右利きの人の場合、左手で行なうことはより困難ですが、だからといって右手ばかり練習するのはよくありません。どちらの手でも同じぐらいスムーズにできるようにしてください。
ポイントは腕、特に箱を持ったままの方の腕の振りを大きくすること。最初は手を離すのが恐いかもしれませんが、できてしまえば何てことはありません。しっかり上下運動させないで、慌てて掴もうとすると逆にバランスを崩してしまいます。

1個上げ

1 Box Release
別名

中箱飛ばし

概要

真ん中の箱を空中に浮かせ、再び掴みます。

予め修得しておきたい技

特になし

回転数表記

000

練習方法

中央の箱を1個だけまっすぐ上に投げ上げて、落ちてきたところを両手に持った箱で挟んで受け取ります。このときあまり強く挟もうとしないで、そっと触れる程度にしてください。
箱を掴むときに腕が前に伸びていたり膝が伸びていたりすることがありますが、それだとうまく取れません。肘や膝を軽く曲げるようにすると綺麗にキャッチできます。肘を曲げるために、シガーボックスを体に比較的近い場所で操ってください。

注意点

キャッチしたときの3つの箱の状態を見てください。手を離す前と同じ状態のままでしょうか? 3つの箱の位置がずれていたり、前後方向に角度がついていたりしませんか? 箱がまっすぐ上がってまっすぐ降りてくるのが理想ですが、なかなかそうはいかないと思います。左右に斜めになるのはどちらかの手の力が強いためで、前後に傾くのは箱を投げ上げるとき無意識のうちに手前に引いてしまっているからです。このあたりに気を付けてやってみましょう。

3個上げ

3 Box Release
別名

フラッシュ

概要

両手を離して箱を空中に浮かせ、再び掴みます。

予め修得しておきたい技

特になし

回転数表記

000

練習方法

ホームポジションから3個とも投げ上げて、落ちてきたところをキャッチします。初めのうちは箱から手を離したあとすぐに掴みにいってしまいますが、なるべく滞空時間を長くするように努力しましょう。うまくなると地面に落ちる寸前に受け止めることができます。
ここではとにかく3つの箱がまっすぐ綺麗に上がることに細心の注意を払ってください。どちらかの腕の力が強いと斜めになりますし、左右に力が加われば箱がバラバラになります。腕がまっすぐ上に上がっていなければシガーボックス全体が手前に回転します。

手拍子

3-up Crap
別名

3-up Crap (スリーアップ・クラップ)

概要

シガーボックスを空中に浮かせている間に手を叩きます。

予め修得しておきたい技

3個上げ

回転数表記

000

練習方法

箱を3個持ち上げた後、1回手を叩きます。説明するとそれだけのことですが、箱の滞空時間を長くしないとできませんから、箱を持ち上げる系統の技の基礎練習になります。落ちてきたシガーボックスはなるべく地面に着くぎりぎりのところで掴むようにしましょう。手を叩いたあと慌てて掴みにいくと、箱に変な力がかかってうまくいきません。
ここで「パン」という綺麗な音が出せればかなり余裕があると言えます。

参考までに

1回叩くことに成功したら2回に挑戦してみましょう。2回できたら3回ですね。3回はかなり難しいです。シガーボックスのうまい人でも4回以上はなかなか叩けません。

箱の分離

Separation
別名

特になし

概要

箱を片側に2個寄せるように持ち上げて2つに分離させます。

予め修得しておきたい技

特になし

回転数表記

000

練習方法

見たままの地味な動きなので特に難しいことはないと思います。
ここでは右手側に1個、左手側に2個の箱が来る場合を説明します。全体を持ち上げる動作をしつつ右手の箱で真ん中の箱を左側に押し付けます。そして右手を思い切って右側に持っていけば、右側と真ん中の箱の間に空間ができるはずです。
最初のうちは体が左に流されても、一旦左に振られてから右に戻ってくるような大きな動作になってしまっても構いません。徐々に左右のぶれを減らしていきましょう。
これとは逆側の右に2個、左に1個の分離もできるようにしてください。

参考までに

左右を分離させるだけなので、動きとしては端回しよりも簡単です。ただ、端回しは箱の動きを意識せずともできますが、中抜きなどはこの動きをマスターしていた方が早く習得できます。ほとんど真上に上げる動作で分離させられるように練習してください。