手渡し系の技

ここでは片手に持っていた箱を反対側の手に渡す技全般を扱います。通常は体の前で渡しますが、慣れてくると頭の後ろや足の下や背中の後ろを通したり、2度3度渡したりできるようになります。

手渡し

Snatch
別名

Snatch (スナッチ)

概要

手に持っている箱を反対側の手に渡します。

予め修得しておきたい技

中抜き(上)

回転数表記

1R0L0

練習方法

左手の箱を右手に渡す場合のやり方を説明します。
まずシガーボックス全体を持ち上げますが、左手の箱は持ったまま、右手は箱から離して右側の2個の箱が宙に浮くようにします。と同時に左右の手を顔の前まで持ってきて、左手の箱を右手に渡します。このとき左手首を少しひねって箱を縦向きにしておくと受け取るのが楽です。
左手の箱を持ち上げるときに、真ん中の箱にその力が伝わらないように注意してください。持ち上げる方向を真上よりやや外(左)側にすればこれを避けることができます。
左右の手に勢いをつけすぎると、手渡ししたときに痛いので気をつけてください。そっと渡すだけでOKです。

参考までに

箱を回さないやり方もあります。左手は箱を上から掴んだまま移動させ、手渡すときに右手も上から掴むようにします。この方法ではお互いの手が邪魔になるため、やや難易度が上がります。
手渡す場所は顔の前が基本ですが、頭の上や胸の前、腰の前など色々な場所で渡せるのでやってみましょう。頭の後ろ、足の下、体の後ろなどを通すこともできます。

色変わり手渡し

Color Changing Snatch
別名

特になし

概要

手渡しの途中で箱の表裏をひっくり返します。

予め修得しておきたい技

手渡し

回転数表記

1R0L0

練習方法

まず、前提として箱の表と裏は違う色になっているとします。以下では左手の箱を、色を変えながら右手に渡す場合のやり方を説明します。
普通の手渡しでは、箱の前後の面を動かさないように、体と平行な平面上で1/4回転ほど回して渡すようにしていました。色を変えるためには、これに手首の前後のひねりを加える必要があります。
左手の箱を持ち上げるときに親指のある面が上に来るようにひねり、右手は逆に親指が下に来るような体勢で受け取ってください。あとは普通にホームポジションに戻せば色が変わっています。
左手の親指を下、右手の親指を上にしても構いません。とにかく互い違いであればいいわけです。逆に、両手の親指を同じ側にして手渡した場合は、いくら手首をひねっても色は変わりません。

参考までに

手渡しの応用で頭の後ろ、足の下、体の後ろなどを通すことができると書きましたが、全く同じことがこの技でもできます。

コンベア

Conveyor
別名

End Place On (エンド・プレースオン)

概要

端の箱を回転させないように投げ上げて、反対側の手でキャッチします。

予め修得しておきたい技

ひっつけ
外回転

回転数表記

0R0L0

練習方法

投げ上げた箱と手渡しする2個の箱のどちらも回転をかけないで平行に移動させる、とても難しい技です。回転をかけて行なうこともできますが、無回転の方が綺麗に見えますので、ここでは無回転のやり方を解説します。
最初に左手の箱をやや内側に向けて投げ上げます。このときホームポジションから一気に中央に投げるのではなく、3個並んだシガーボックス全体をわずかに右手側に移動させ、横の移動距離が少なくなるようにしてください。左の箱は、投げるといってもそれほど高く上げるわけではありません。
次の瞬間に左手は中央の箱を上から掴みます。それと同時に右手は持っている箱を左側に運びつつ手を離します。すると最初に投げ上げた箱が落ちてきますので、これを掴んで、左手に残っている2個の箱の右側に押し付けて固定します。
この技は全部で3つの動作を一瞬で行なわなければならず、かなり忙しいという印象を受けます。初めのうちは動作が間に合わなくて箱が地面に落ちてばかりでしょう。そんなときは左の箱が回転しても構わないから高く投げ上げてみたり、下の2個を左に運ぶときに右側を持ち上げて全体が斜めになるようにしてみてください。これで少しは時間に余裕ができるはずです。動きを美しくするのはスピードに慣れてからでも遅くはありません。

手渡し中抜き

Snatch & Takeout
別名

特になし

概要

手渡しをしたあと、空いた手で外側の箱を取ります。

予め修得しておきたい技

手渡し
外抜き

回転数表記

1R00L

練習方法

これは手渡しが終わった後に続けて中抜き(やってる人の感覚では外抜き)をするという連続技です。
まずは手渡しが速くできるようにしましょう。最後のキャッチのときに地面ギリギリまでしゃがみこんでしまうようでは連続技はできません。手渡しが体の正面で余裕でできるように練習してください。
この手渡し中抜きを右手で行なう場合、箱を渡したその勢いで右手を振り下ろして、浮いている2つの箱のうち左側を掴んで下に回します。すると左右の手に1個ずつ、空中にもう1個の箱がある状態になりますから、腕を元の位置に戻して落ちてくる箱を真ん中に挟みこむようにキャッチしてください。
注意点は手渡しや外抜きのときと同じで、1個だけ持ち上げたり掴んだりしたときに他の箱にその力が伝わらないようにすることです。
また、手渡しも外抜きもシガーボックス全体を投げ上げるときにやや斜めに上げると楽になりますが、この手渡し中抜きでは真上に投げるようにしてください。真ん中の箱が真ん中に落ちてくるようにするのが一番取りやすいからです。

2回手渡し

Double Snatch
別名

特になし

概要

一度手渡しした箱を再び元の手に戻すという技です。

予め修得しておきたい技

手渡し

回転数表記

[1R0L]00R

練習方法

手渡し中抜きと同様に、まずは普通の手渡しが速くできるように訓練してください。
それが余裕でできるようになったら、体の前で手渡してすぐに戻すということをします。このとき2個の箱を投げ上げる方向は真上にしましょう。1回目の手渡しをした直後には完全に片手だけで箱を持っている状態にしてください。
これだけなら難なくできると思いますし、見た目にも大したことをしているようには見えません。次の段階では、2回目の手渡しのときに足の下を通すようにします。ポイントは1回目を低い位置で行なうことと、足をなるべく高く上げることでしょうか。これはかなりダイナミックな技になりますが、それだけに難しいです。
それもできるようになったら、2回目に背中の後ろを通したり、足の下→背中の後ろというさらに難しいバージョンにも挑戦してみてください。

参考までに

もちろん手渡しは3回、4回と連続して行なうことができます。3連続なら、例えば体の正面→足の下→背中の後ろという具合に通すこともできます。