1999年4月の日記

4月29日(木・祝)

一体前(9:30~12:30、16:00~21:00)

ゴールデンウィークのお仕事が近いためか、今日は大勢来ていた。秋田、高橋、今村、井関、加茂野、おっちゃん、尚子さん、あじゃ、しんちゃん、矢田部、沢田、原、佑子さん、丸岡、吉積さん、まどかさん、川井田、井口、浅利、松浦、……これぐらいだったかな?
10:00過ぎに雨が上がったのでトーチの練習をすることにした。道具を取りに行くとちょうど秋田君も来たところだった。今日の収穫は、クラブでできないことはトーチでもできないが、クラブでできればトーチでもできるということが分かったことだった。
川井田君にクラブの背面キャッチを教えてもらった。これは演技の終わりに使える技で、例えば右手でキャッチするならカスケードから左手で真上やや左方向に2回転を投げ、両手のクラブを左手に集めて、空になった右手を背中の後ろから回して落ちてきたクラブを受け取る、というもの。左右両方でできるように練習した。
高橋君と井口さんに3アップピルエットのやり方を教えてもらった。
吉井、高幣が出ているべろべろのべいじんの「次元を漂う幸せ郵便船」を見に行った。高幣は力いっぱい演技していたが、吉井は地なのか喋りも動きも面白くてうまかった。芸人だと思った。また公演があれば見に行きたい。

4月28日(水)

マラバリスタ(19:00~20:00)
自宅(21:20~21:40)

高橋君にクラブパスの相手をしてもらった。2回転セブンが100回を越えたのは自分でもびっくりだけど、ひとえに高橋君の甲斐性と投げの正確さの賜物だろう。左3回転を初めてやったら、何となくできてしまった。左手はかなり強く投げなければならない。
美緒がクラブソロで3回転の練習をしていた。力がなくて高く投げられないらしく、回転が速かった。五月祭はまた松と組んでやりたいということなので、頑張って欲しい。

4月26日(月)

一体前(19:00~20:30)
自宅(22:20~22:50)

初めに秋田君と今村君がいて、途中で松浦君や吉積さんも登場。帰りがけに駒寮の側で沢田、浅利さんと遭遇した。
1カウントを練習していたら、今村君に「左の2カウントをやった方がいい」と言われてやってみた。難易度は、右2カウント → 3カウント → 左4カウント → 左2カウント → 1カウント、という順に上がっていくという話で、確かに左手のみというのは3カウントより難しく、でも1カウントよりは続いた。左2カウントでは腕が引けていないと言われた。左2カウントを練習して、左のスリースリーテンぐらいできるようになりたいと思った。
1アップ右ピルエットを練習していたら今村君に「ピルエットの動きが大きい」と言われた。自分でもそうだろうと思う。慣れれば小さく回れるようになるだろう。

4月25日(日)

一体前(9:30~10:30)
野毛大道芸(12:00~17:30)

朝は雨が降っていたのに、一体前で練習していたらいつの間にか上がっていた。集合時間まで少しの時間だけでも、とトーチをやることにした。2カウントの技をいくつかやってみたけど、それほど難しくは感じられなかった。特にキャッチをするのはできる気がした。マサカリなどの投げはかなりいい加減だけど。マサカリは、菜緒によると「もう少し高くふわっと投げた方が綺麗に見える」とのことだった。気を付けてみよう。
11:00に渋谷に集合して野毛大道芸を見に行った。覚えている範囲では秋田君、木畑さん、女王、菜緒、三矢、浅利さん、川上、今村君、原、佑子さん、尚子さん、森君、緒方さん、川井田君、高橋君、加茂野さん、おっちゃん、佐野、吉積さん、仁美さん、健亮さん、ボブさんがいた。あと知らない1年生も5人ぐらい。
見た芸人は to be 2、ダンディGO、鏡味小仙、ヘルシー松田、デビッド・ラムゼイ、モン太郎、バート・バンダイク、ブルーノ・ディスカベスの8組。to be 2 のクラブパスには戦慄を覚えた。1人が支えのないはしごの上にバランスをとりながら立ち、もう1人が舞台に上げた客の肩の上に立って(!!)、1回転セブン!!! なんじゃそりゃあ。あと、小仙ファミリーでは仙達(吉川さん)が妙に安定していてよかった。ダンディGOは最初から最後までダンディで格好よかった。
行きの電車の中で、女王が子供を抱いた若いお父さんに席を譲ろうとしていた。偉い。

4月24日(土)

一体前(9:30~11:30)

また雨だ。土日になると必ずといっていいほど雨が降る。そして秋田は来ない。呼び出したら10:00過ぎに現れたものの、友達から電話が入って、全く練習しないで帰ってしまった。
シガーボックスの3箱ピルエットの逆回転に初めて成功した。まさかできるとは思っていなかったが、素振りで何度か試したように、箱を持ち上げたあと両手を腰のところに当てて勢いよく振って回ったらできてしまった。あとはこれで成功率を上げるだけ。

4月22日(木)

一体前(19:30~21:00)
自宅(22:10~22:30)

矢田部、泰三、秋田、川井田、松浦の5人がいて、矢田部と泰三の2人は早目に上がった。帰りがけに吉井と高幣に遭遇。
2回転セブンは50回を越えた。投げるのが段々つらくなってくるけど、甲斐性を発揮したりして何とか続けることができた。パッシング中の姿勢などに関してアドバイスをもらった。松浦「加藤さんは足を上げたりして不必要に動いている」。川井田「体が後ろに傾いていて、セルフも高くなるし取りづらそう」。なるほどー、気を付けよう。

4月21日(水)

マラバリスタ(19:00~20:00)
自宅(21:40~22:00)

水曜日だというのに裕治さんが来ていた。「仕事でこっちの方まで来たもので……」。本当か? 鈴木さんも久しぶりに見た。花粉症だから外出を控えていたという話だった。
ずっと菜緒とパスをしていたため、誰が来ていたのかよく分からなかった。また70人はいたと思う。菜緒は随分うまくなっていたように思う。とんでもないパスはほとんどなかったし、甲斐性も見せていた。横手投げはクラブが横向きになっているのでまだまだだけど、マサカリが綺麗に飛んでくるのには驚いた。セルフに気をつければじきにできるようになるだろう。
鈴木に五月祭出るの? と声をかけたら、ボールをやりたいと言っていた。最低4ボールから、だよね?

4月20日(火)

一体前(20:00~21:00)
自宅(22:10~22:30)

外に沢田、川井田、吉井の3人、中に秋田、今村、泰三の3人がいて、遅れて松浦がやってきた。私は今日は仕事で遅くなった。あまり時間がないというのに、まずいなあ。
1カウントと1回転セブンに光明が見えてきた。どちらももっとゆっくり、もっと高く投げるように注意すれば続くような気がする。

4月19日(月)

一体前(19:30~21:00)
自宅(23:00~23:20)

今日はなぜか大勢いた。私と入れ違いに帰ったのが井口、原、佑子の3人、まだ残っていたのが秋田、沢田、今村、丸岡の4人、遅れて松浦、泰三の2人がやってきた。
2回転セブンが面白いように続いた。まだ高さが足りなかったり、パスが内側に入ってしまったりすることはあるけど、本番でもできるような気がしてきた。本日の最高記録は、自己最高でもある49回。とか思っていたら、今日初めて2回転セブンをやったという丸岡が、今村君相手に49回続いた。なにい!
泰三君が「五月祭まであと40日」と言っていた。マジ?

4月18日(日)

一体前(17:00~21:00)

1階には知らない人がたくさんいたので2階に行ってみたら、おっちゃん、加茂野、井関、佑子、丸岡、原の6人がいてお仕事のリハーサルをやっていた。少し遅れて秋田、一瞬だけ誠司、終了間際に吉井といういつものパターンで登場。
おっちゃんたちのボールパスルーチンを見せてもらった。まだ考えたばかりということでボロボロ落としていたけど、あれがちゃんと決まればかなり格好いいものになりそうだった。本番で余裕を見せることができるだろうか?
他の2年生が帰るまで(帰ったあとも)牧野さんに教えてもらった5本の1/1テイクアウェイをずっとやっていた。やはり重要なのは2人で行なうカスケードで、普通にやっても安定するには時間がかかるし、これに手の回転が加わると途端に投げがいい加減になる。回すだけの方の手は速く動かす必要があるが、そうすると投げるクラブがぎゅるってしまったりする。左右の手で違う動きをするのは難しい。
3カウントに続いて1カウントをやってみた。予想通りめちゃくちゃ難しかった。左手の2回目の投げが既に投げられず、投げても弱い、回転が少ない、内側に入る、といった感じになる。頭では分かっていても、直そうと努力しても直らない。あわよくばフォーフォーエイトをやりたかったのに、先は長いか?
1回転セブンは、左手のセルフが悪いということにようやく気がついた。スタートのときは前方に投げてしまって取れないし、何回か続いたあとは縦回転になって、クラブが右手の方に行かなくなってミスをしていた。これは練習して少しずつ直していけばできそうな気がする。
吉井とクラブパスをやったら、彼は初心者なのにうまいの何の。2カウントで初めて30回を越えたぐらいなのに、横手投げはできるわ、マサカリは取れるわ……、パスのフォームと投げ位置が安定しているのがすごい。本人曰く「ずっと泰三さんを見てましたから」。見てただけでできるようにはならんでしょう。

4月17日(土)

一体前(9:20~11:30)
自宅(22:00~22:20)

練習をしようと部室にトーチを取りに行ったら女王に遭遇。秋田君もいた。他に三矢や菜緒など5~6人いて、徹夜でビリヤードをやっていたらしい。
赤倉温泉ルーチン改め「だんご3兄弟」ルーチンをトーチでやってみたら、最後の交互マサカリ以外はだいたいできた。足の下連続でよく失敗したけど、慣れればどうということはなさそうだった。
火が消えた状態で2回転セブンに挑戦。ナランハのトーチは6本しかなかったので、デュベの重いトーチを使ったが、意外なほど続いた。次回は火をつけてやってみよう。

4月16日(金)

マラバリスタ(19:40~20:40)
自宅(22:00~22:20)

牧野さんに頼まれて、シガーボックスの2個投げ(024)を教えてあげた。投げるときに左手が動くのが気になったけど、練習すればすぐにできるようになりそうだった。教えたお礼に、今度は牧野さんからパピィーの5本クラブの技を教えてもらった。外側の腕は特に回さないで普通にカスケードをしているだけだということ、内側の腕が相手の方に来たら速く回すこと、手はかなり前方に向けていることなど、聞いてみなければ分からないことばかりだった。
今村、高橋の2人に4本コラムス(アシスト4テイクアウェイ)を教えた。自分たちがどうなっているのか分からないけど、人がやっているのを見ると欠点がよく分かる。彼らの場合、後ろの今村君の投げが低くて、前の高橋君が取りづらそうだった。
おそらく初めて和泉田君とクラブパス。落ちているクラブを3本拾ってきたら、そのうち1本だけ妙に重かった。2カウントをやってみたところ、彼も投げが外へ外へと流れるような気がした。秋田君が特別うまいのか、それとも特別変だけど私がそれに慣れてしまっただけなのか? 和泉田君は初めてマサカリができたと言って喜んでいたけど、それにしては綺麗なマサカリだった。
篠崎さんに頼まれて、箱の2人技にちょっとだけ付き合った。1人なら箱を3個重ねて343となるところ、代わりに2人分6個重ねて222222(?)ができるかどうか試してみたいとのことだった。2回ほどやってみたけど、受けるのはそれほど難しくはなく、練習すればできそうだった。それよりも6個重ねた状態でバランスを保つ方が大変そうだった。
大久保くぼーん登場。ヨーヨーをちょっとだけ見せてもらった。見奈子さんに久しぶりに会った。松浦君に「明日遊びに行っていいですか?」と尋ねられた。明後日情報処理試験なんだ、ごめーん。
帰りがけに吉野さんとプログラムの話を始めたら止まらなくなってしまった。吉野さんにもらった分をもうすこしちゃんと見なきゃね。「Windows 版のジャグルマスターを作るなら声をかけてください」と言ってくれたので、本格的に作ってみようか。もう少し簡単そうなサイトスワップ・ジェネレータを先に開発しておいた方がいいかな?

4月15日(木)

一体前(19:20~21:10)
自宅(21:50~22:00)

川井田君が外で1人でジャグっていた。そのあと松浦、沢田、丸岡、今村、秋田、泰三と続き、終了間際に吉井がやってきた。
クラブの1アップ逆(右)回転ピルエットは、左手で3回転させる方法ならできた。パスの途中に組み込むとなると右手で3回転させる必要があるけど、こっちはさらに難しかった。まだ一度も成功していない。
シガーボックスの逆(右)回転ピルエットに挑戦してみた。回る感覚が随分違っていて、結局成功しなかった。でも練習すればできそうな雰囲気ではあった。

4月14日(水)

マラバリスタ(19:20~20:00)
自宅(22:00~22:20)

1週間ぶりに練習に行ったら、人がいるわいるわ、70人は確実に越えていた。新入生だけで既に20人はいた。仮に秋田君が忙しくなかったとしてもまともに練習はできないだろうなあと思った。
吉井とちょっとだけパス。女王とも久しぶりにパス。涼子さんや菜緒に挨拶。名簿の訂正ができたのでひと安心。あと、吉野さんからプログラムを受け取った。
5カスケードは高くゆっくりと投げて、ひたすら甲斐性でキャッチしていたら40回を越えた。もう少しで50回だったのに、惜しい。

4月13日(火)

一体前(19:40~21:20)
自宅(22:20~22:40)

今日は川井田、秋田、そして何と新入生の森君が来ていた。終了間際には吉井も登場。森君はジャグレンジャーだったらしく、既に5カスケードができる!
1回転セブンは余裕をもってゆっくり投げれば何とかなりそうだった。それよりもパピィーがやっていた、2人並んでやる5本1/1テイクアウェイの方が圧倒的に難しい。
家に帰ったら、IJAのビデオが届いていた。1993年のシニアとジュニアを間違えていたもので、これで昨年末に注文した分が全部揃った。

4月12日(月)

一体前(19:30~21:30)
自宅(22:10~22:30)

練習していたのは松浦、秋田の2人だけだけど、その他に井口、浅利、沢田などを見かけた。
お仕事が終わったので久しぶりに2カウント技をやってみた。かなり忘れている部分もあるので、これから頑張って練習せねば。

4月10日(土)

一体前(9:30~11:00)
赤倉温泉(15:00~翌日)

朝、トーチなどの練習をしてから赤倉温泉のお仕事に出発した。トーチは結局持っていかなかった。
本番では予報通り雨が降り、風も強く、夜なのでクラブがほとんど見えなくて悲惨な状況だった。怪しいと思われたテイクアウェイがうまくいったので大丈夫かと思ったら、パスがぼろぼろだった。あんなにできないことがあろうとは思わなかった。

4月9日(金)

一体前(19:00~21:00)

「ビリヤード同好会」の始球式があるとかで、人だけはやたらたくさん来ていた。ただ、一体前で練習したのは川井田、松浦、今村、丸岡、原、佑子、秋田、そして私の8人程度だった。
練習が終わったあと、駒寮へ行って秋田君と9ボールを1ゲームだけやった。ビリヤードなんて何年ぶりか分からないぐらいだけど、彼とはレベル的にはどっこいどっこいで、結構楽しかった。ゆるく打つことを覚えれば私ももう少しうまくなるかも。

4月8日(木)

一体前(18:40~21:20)
自宅(23:00~23:10)

川井田、松浦、今村、秋田、丸岡の5人がいて、一瞬だけ尚子さんと石塚さんを見た。丸岡が今村君相手に2カウント223をやっていたのでびっくり。下手したら私よりうまいかも……。
秋田君とは通し練習を何度かした。お互いソロでやる部分は何とかなりそうだったけど、クラブ、特に最初のテイクアウェイがかなり怪しい。

4月7日(水)

マラバリスタ(18:20~20:00)
自宅(21:30~21:50)

今日はなぜか調子良く3箱ピルエットが決まっていた。3拍オールターンも2~3回決まったし、ここにきてようやく練習の成果が現れてきたのだろうか?
今日もピーター・フランクルがきていた。話しかけられて嬉しかったし、クラブパスをやりたそうだったので相手をしてあげればよかったけど、こちらには時間がない。箱の練習をある程度したら、うまい人を相手にマサカリや甲斐性の練習、2回転セブンをやっておく必要があるのだ。
部費を払った。おっちゃんに「4000円からです」と何度も強調されたけど、半ページももらっても書くことないし。今年はその場で名簿用紙を書かされ、曖昧な記憶で書いたため間違えてしまった。郵便番号はともかく、ひとことの "Adelante!" の綴りを間違えたのは痛い。ばれないうちに直さねば……。
秋田君とはやっぱり練習できず。ゲーセンで取ってきたという「だんご3兄弟」のTシャツをくれたので、早速着てみた。2人お揃いの格好になったのはいいけど、揃って練習できないんじゃしょうがない。ルーチンは吉井の前で軽くやってみた。吉井「技に入る前にもう少し溜めを作って、お客さんをじらすともっと良くなる」。
吉野さんが Windows 解析のプログラムを作ってきたと言っていた。もらって帰るつもりだったのに、花沢君とかと話し込んでいるうちに忘れてしまった。

4月6日(火)

一体前(19:00~21:00)
自宅(23:00~23:30)

泰三、松浦、今村、秋田の4人が練習していて、吉積さんが寝ていた。遅れて誠司さんも登場。
圧倒的に時間がないので、とにかく通し練習をすることにした。しかし泰三君のアドバイスを聞いたりする時間が長く、結局ちゃんとした通しまでいくことはできなかった。明日は練習できるんだろうか?
今村君にデュベのシリコンボールを貸した。白いのを3個。五月祭ではきっとマニアックな3ボールを見せてくれることだろう。

4月4日(日)

一体前(16:30~21:00)

ナランハに注文しておいたトッド・スミスのトーチを吉井が持ってきてくれた。本当は代金を振込んでから受け取る規則なんだけど「特別ですよ」と言いながら渡してくれた。頑張って練習しないとなあ……。
トッド・スミスのトーチはデュベのものと比べると随分軽く、クラブと同じ感覚で投げられるのでとても扱いやすい。スリースリーテンはもちろん、赤倉温泉ルーチンもほとんどできそうだった。
今日は練習をしている場合ではなく、ソロ技部分のルーチンを決めるのに必死だった。日本人と外人のキャラクターなど面白いネタが出たものの、今から演じきるのはとても無理なので、無難な路線に収まりそうである。
吉井と高幣の作った勧誘ビラを見せてもらったけど、文章がうまくまとまっていてかなり質の高いビラだった。2人にそう話して誉めたら、文章を書いた高幣が照れつつもとても嬉しそうだった。

4月3日(土)

一体前(9:30~12:30)

9:00から新入生の勧誘をしているという話だったので、30分ほど遅れたから1人で練習していた。すると10:00ごろ秋田君がやってきて「まだ誰も来てないんですか?」と聞く。結局11:00近くになって吉井が来るまで新勧は行なわれなかった。せっかくなので新勧をしがてらパッシングの練習などをしていたが、人前でやるのはやはり大変だ。失敗こそしなかったものの、スリースリーテンにあんなに緊張するとは思わなかった。マサカリは全然決まらないし、やばいっす。本番は1週間後だぞ。

4月2日(金)

マラバリスタ(18:40~21:00)

久しぶりにピーター・フランクルが来ていた。私がシガーボックスの練習をしていたら箱を持ってやってきたので、何か教えてもらおうと思って挨拶したところ、逆に「今やっていた技を教えて」と言われて驚いた。箱に関しては彼もほとんど初心者だということは、体の使い方から容易に分かった。松浦君と一緒に223、235、両外抜き、3箱ピルエットなどを教えた。ピルエットは、ボールなどでもやったことないと言っていたけど、初めてなのにかなり惜しいところまでいっていた。
1人でクラブの練習をしていたら、吉井がやってきて5511を見せてくれた。すると高橋君もやってきて3人で5511(およびシザーキャッチ)バトルとなった。11でクラブを体の周りを巡らすとき、吉井のみならず高橋君まで後ろから回していた。実は前から回す方が少数派なのか? それにしても高橋君の安定感は群を抜いていた。
高橋君とパッシング。久しぶりの2カウント技だったので安定しないのなんの。特にマサカリがまるで決まらなくなっていた。2回転セブンをやっているときに、彼がクラブを目に当てて負傷したため中断。私の投げが悪かったから? あとで謝ろうと思っていたのに、もたもたしているうちに帰られてしまった。
再び1人でクラブの練習をしていると、またピーター・フランクルがやってきて、今度はクラブパスをすることになった。パッシングもあまりしたことがないらしく、2カウントはできるもののかなり不安定だった。少し気になったのは、彼の間合いが遠いこと。その割にパスが弱いのでこちらが体を一杯に伸ばして取らなければならなかった。2回転セブンは、私が下手だということもあってまだ無理だ。
結局練習できなかった秋田君と少し話す。帰る間際になって部費を払おうと加茂野さんに話しかけると、「名簿の原稿をその場で書いて欲しいから」と言われ、時間もなかったので次の機会に伸ばすことにした。
帰ろうとしていると、松浦君に「今日家でビデオなど見ませんか?」と声をかけられた。久しぶりに松浦邸にお邪魔してIJAや静岡などのビデオを見た。途中から井口さんも来て、なかなか楽しい会合だったが、家に帰ったのは午前3:00過ぎ。次の日は9:00から練習だというのに、アホか俺は。

4月1日(木)

一体前(19:30~21:00)
自宅(22:00~22:20)

松浦、川井田の2人が外で休んでいて、中では秋田君が寝ていた。終わりごろには演劇の稽古から戻ってきた吉井と高幣も一緒になった。秋田君はバイトやら遊びやらでめちゃくちゃ忙しかったらしく、ずっとへろへろ状態で練習にならなかった。明日は朝8:00から新勧とかいう話だし、ネタを考える時間が全くなく、通し練習には程遠い。赤倉温泉まであと9日。かなりやばい気がしてきた。