1999年12月の日記

12月30日(木)

一体前(14:00~17:00)

秋田がまた遅刻した。昨日あれだけ言ったから、反省して時間通りに来るかと思ったのに10分ほど遅れてきた。だめじゃん。
15:30ごろ、実家の栃木に帰っていたはずの長が現れ、終了間際にはこれから実家の神戸に帰る三芳がやってきた。
1回転セブンで初めて100回を越えた。筋肉がついていないためか、全然腕が振れなくなってきて非常につらかった。100回を越えてからはいつ落としても不思議ではなかった。これじゃあ2回転エイトなんて続かんよなあ。頑張ろう。

12月29日(水)

一体前(14:00~17:00)
「カウンタックーズ」ディナーショー

秋田がいつも通り遅刻した。30分待っても来なかったので、電話しようとして道を歩いていると向こうからやってきた。これもいつも通りだった。15:00ごろ東が来て、16:00ごろ沢田と原が、そして17:00ごろ高幣がやってきた。一体は開いておらず明かりも点かないので、17:00の日没とともに練習終了。
今日はファットヘッドでの初めての Two Way 2 練だった。やはり普通のヨーロピアンに比べると重く、筋力が必要な感じだった。試しにやってみた3回転ナインは全く投げられなかった。
17:30から、東と2人で下北沢の駅前劇場にああルナティックシアターと鶴岡アキラのライブを見に行く予定だった。実際に行ってみると、タイトルが「カウンタックーズのゆかいなディナーショー」となっていて、とても不安だった。どうやらルナティックシアターはプロデュースだけ、鶴岡アキラもゲストみたいな感じで、カウンタックーズという5人(6人?)のコンビによるコントがメインだった。でも意外と面白かったし、他のゲスト(アルケミスト)など知らない芸人を何人も見ることができたので、まあよしだと思った。東も鶴岡アキラのパントマイムを見れたのでよかったと言ってくれて、ほっとした。

12月28日(火)

一体前(19:00~21:00)

途中の道で、練習帰りの高幣とすれ違った。そのまま帰るのかと思っていたらしばらくして戻ってきたので、一緒にパスの練習をした。今日は17:00ぐらいに来て練習しているものの、人っ子1人通らないので精神的に疲れたと言っていた。
駒寮に寄ったら沢田と香耶子さんがビリヤードをしていた。

12月27日(月)

一体前(19:00~19:30)

いつものように(?)誰もいない一体前で練習していると、吉野、今村の2人がやってきて「今すぐ荷物をまとめて来てください」と言う。どうやら「サイト君」のことで問題が発生したものの、よく分からない状態になっているらしい。それを解決するために数学科の部屋を使ってデバッグをする手はずを整えたが、数学科自体が20:00に閉まってしまうので、急ぐ必要があるとのこと。
今村の新品のノートパソコンでデバッガを立ち上げて動かしてみたところ、問題は吉野さんのプログラムにあるらしいことまでは分かった。ただ、VC++ 5.0 では問題なくて、VC++ 6.0 でコンパイルしたときに限って発生するエラーなので原因が特定できなかった。あとは吉野さんに任せるしかなさそうだった。VC++ 5.0 で問題ないわけだから、私としては当面は気にしなくてもよさそうだ。
秋田が来ないので電話したら、駒場祭の司会4人で打ち上げをしているとのこと。明日も何か予定があるらしく、次の練習は29日(水)の14:00~になった。

12月25日(土)

マラバリスタ(18:10~21:00)

今日は体育館が開いた直後に行けたのでクラブでジョグリングをしてみた。ちょっとスピードを出すとすぐに落としてしまう。これからは、走れるときは常に10周ぐらいしよう。
秋田は眼鏡をなくして周りが見えないらしい。裸眼の視力は0.02ぐらいだというので、じゃあ私と同じぐらいだからパスは可能だ、と言って試しにやってみた。こっちとしてはいつも通りにやっているだけなので特に問題はなかったが、4つの目の視力の合計が0.1ぐらいというのは結構すごいかも。
脇坂さんに1996年IJAチャンピオンシップのビデオを返してもらった。裕治さんが久しぶりに来ていて、クラブのファウンテンが随分安定していた。2回転を結構高く投げているようだった。

12月24日(金)

一体前(19:00~20:10)

さすがに今日は誰もいなかった。1年生も2年生も合宿のはずだし、3年生もそれに対抗して何かやっているに違いない。おかげで広い場所で長時間練習できる状態だったが、体調を崩しているのでほどほどにしておいた。
5ボールは、40回を越えると段々腕が疲れてつらくなってくるし、クラブの5511も3回続けると5が低くなる。筋トレの必要性を痛感する。

12月23日(木・祝)

キャンパスプラザ(12:30~16:00)
一体前(16:00~17:00)

2年生のうちマスゲームに参加したいと思っている人たちに対する説明会を行なった。ほとんど吉井1人に任せっきりだったけど、吉井はうまく説明してくれたと思う。ただ、それが他の参加(予定)者に伝わったかどうかは不明。人数を絞るために厳しくしたつもりだったのに、やっぱり大人数になりそうだ。我々がどれほど考えて、そして悩んでいたかということをこの人たちは知らない。「あぁ、これをクリアすればいいのね」ぐらいの軽い気持ちで聞いているに違いない。
説明会に先立って、佑子さんが悩んでいることを打ち明けてくれた。佐野に色々言われたらしく、かなり感傷的になっていた。結局のところ「何を心配していたのか?」と思えるほどのお気楽な会議だったが、佑子さんの悩みのありようは見習うべき点が多かった。私などは何か決まるとそれに向かって突っ走ってしまって、ちょっと立ち止まる余裕、後ろを振り返る余裕がない。それを認識させてくれる人がいる、という1点だけでも5人の中に加えてもらえたことには意味があるし、何といっても嬉しい。私はまだまだ未熟なんだろうな。
会議の後みんなはクリスマスパーティに出かけて、私は一体前で練習。そしたら久保が1人で練習していてびっくりした。今日は駒場中停電らしく、一体前も電気が点かないので夕暮れでお開きとなった。

12月22日(水)

マラバリスタ(18:50~20:00)
マスゲーム話し合い(20:30~23:00)

せっかくファットヘッドを持っていったのに秋田がいない。しょうがないから吉井とパスをしていると、みんな珍しがって寄ってきた。健亮さんや泰三も試しにジャグってたし、中嶋さんは3アップピルエットを試みてひと言「ジェイ・ギリガンはすごいな」。ファットヘッドも長さや重さはデュベのヨーロピアンとそれほど変わらないが、重心が先の方にあるため、随分重く感じる。慣れるまでは大変そうだった。
練習後、また5人で集まってマスゲームの話をしたが、そんなこと吉井に言われるまでころっと忘れていた。危ない危ない。話し合いでは基本方針の確認をして、明日話すことを具体的に詰めていった。厳しいけれど、やはり我々の基準に達しない人と組むことはできない。
吉野さんと「サイト君」の話をした。双方歩み寄ってジャグルマスターの機能はバージョン2で持たせることになり、β版は今月中、バージョン1.00は来月中にリリースすることになった。あとパッシングシミュレータは「サイト君2」、3D仕様は「サイト君3」にしようということになった。それはどうでもいいか。

12月20日(月)

キャンパスプラザ(19:00~21:00)

例によって私と吉井、丸岡、秋田、佑子の5人でマスゲームの話し合いをした。23日の全体説明会では、これまでの宣伝によって予想を越える参加希望者が集まってしまったことに対する戸惑いや、我々はやはり自分たちで作りたいものを作ろうと思っているということを話すことになった。そのためには今までのいきさつを正直に話し、説明不足の点は謝り、その上でどうしても譲れない一線があることを強調する。それでもやる気のある人は一緒にやろうという話をすることになった。
途中から泰三が加わって色々なアドバイスをしてくれた。その中で最もインパクトがあったのが、「もっと外に出よう。マスゲームなら野毛でも天保山でもIJAにだって出れる。駒場祭で終わらせてしまうのはあまりにももったいない」という話。この話を聞いたとき雷に撃たれたような衝撃を覚えた。そうだ、外に出よう。1人ではなかなか出ることができないが、10人いればきっと出れる。目標が駒場祭よりももっと遠いところにあるとすれば、構成の考え方も違ってくる。今まで合わないかと思っていた吉井の考えが、実は重要だと思えるようになってきた。うーむ、泰三おそるべし。
一体前にはその他に今村、あじゃ、三矢、長、鹿島、東が来ていた。

12月19日(日)

一体前(20:40~21:00)

日曜日だというのに、仕事がトラブって出勤だった。終わってからダッシュで行った一体前には誰もいなかった。1人ぐらいいるかと思ったのに。
ボールに触るのも久しぶりだなあと思っていたら、何と今月初めてだった。腕が落ちてる落ちてる。まっすぐ投げられやしない。

12月18日(土)

一体前(9:30~12:30)
「Jコント」ライブ

一体前で吉井、誠司さん、秋田、健亮さんに会った。
吉井とトーチ練をした。トーチパッシングは初めてだというのに、最初からキャッチできるし、あっと言う間に2回転セブンまでいってしまったのには驚いた。さすがにクラブを長いことやっているだけのことはある。
Jコントのライブは府中市のホールで行なわれ、入場無料(そうしないとホールを借りられないらしい)。吉井、鹿島、南、東、矢田部、今村、がみきょん、脇坂さん、中村さん、純子、まちゃ、真理さんに会った。
Jコントは吉川、近岡の2人によるユニットで、噂には聞いていたけど見るのは今回が初めてだった。演目は「女神像を盗め」「部屋探し」「引っ越し」「カリスマ美容院」「面接」「23日のサンタクロース」の6つ。ごく普通の格好をした人が「ぼくドラえもん」と言い張るのが最高におかしかった。もともとの期待感が薄かったためか、全体的にかなりよかったので、帰りに投げ銭として500円入れてきた。吉井は細かいところで色々と文句を言っていたが、それもありなんじゃないかと思う。今日気が付いたことだけど、彼は、自分の好きな芸人なら何をしても面白いと感じるけど、そうでない芸人に対しては厳しくなる傾向がある。
夕飯には、10月の大道バカ一代ライブのときに見つけた「替え玉自由」のラーメン屋に行った。ここは安くてラーメン自体もおいしいので、あまり量を食べれない人が行っても満足できる。行ったのは私と今村、吉井、鹿島、東の5人。

12月17日(金)

マラバリスタ(19:00~21:00)

練習に行くとみんながパスをするので相手に困ることがない。それは逆に秋田と練習する時間が減るということでもある。一体前でちゃんと練習しなきゃ、ね。
隈ちゃんに、この前借りたビデオをマスゲームの参考にするから貸してほしいと頼んだ。ついでにダビングさせてもらう許可もとった。
川井田から "Four Ball Juggling" の本が返ってきた。貸したことなんてさっぱり忘れていた。

12月16日(木)

コメディーナイト

半年ぶりぐらいにプランBへコメディーナイトを見に行った。一緒だったのは吉井で、現地で飯田さんに会って驚いた。でも実はほぼ毎回見に来ているらしい。
ましゅ & Kei (& よっちゃん & ルルくん)の客入れBGM、小出直樹「日ゐづる國」、ななな「だってパートOLだもん」、ジョリジュリ企画「じじぃもちつき」、Mr.Dai「イリュージョン」、ケッチ!とちから「たちばな君1」、三雲いおり「ヒットマン」、Kaja「NASDA」、サンキュー手塚「DEAD MAN」、PoliPoli「Belly Dance」、ましゅ & Kei「クリスマス★ソング」、こうじとちから「思い出のアルバム」、キシタカ「一発奇術 Remix c/w a little present」、ナナナ & Kaja「インビジブルマジック」、ハンガーマン「ソバの鉄人」、ケッチ!とちから「たちばな君2」、爆笑戦隊ディアレンジャー「Dai丸百貨店」、重森一「マッチ売りの少女」、ジョリジュリ企画「車掌さん」。
休憩を挟んで何と3時間。今年のリクエスト特集と銘打ってあっただけのことはあり、どれも面白かった。これで1000円とはちょっと得した気分。

12月15日(水)

マラバリスタ(18:50~20:00)
一体前(20:30~21:50)

約3週間ぶりに練習に行った。寒いのに結構大勢来ていて、1年生は役割分担の話をしているようだった。
吉井の肩に乗って、初めて一本立ちの練習をした。前後の安定感がなく、すぐにバランスを崩して落ちてしまった。下の人に足を持ってもらえると随分楽になるが、一本立ちは上の人が頑張らないといけない技なのでこれではだめだ。パイプの上にでも乗ってバランス感覚を養う練習をしなければ……。
マラバリスタの後に吉井と2人で一体前で闇練をした。ずっと2回転セブンをやった。たまに「ドナドナ」や「もしもしかめよ」などを歌いながらもやったけど、歌に気を取られてあまり続かなかった。
吉川さんがJコントのパンフレットをくれた。「自信作です」と言っていたので期待しよう。ロディからIJAのビデオが2本返ってきた。夜、吉井にプランBへの行き方を連絡した。

12月14日(火)

「はなつまみ」ライブ

サンキュー手塚、トレイン小出、サルバドール神山の3人による「はなつまみ」と題するライブを見に行った。一緒だったのは吉井、ロディ、今村、おっちゃん、加茂で、現地で根岸、涼子に会った。
それぞれ個人の持ちネタもやり、3人一緒になっての寸劇などもあって盛りだくさんな内容だった。どこかで宣伝されていたのか、会場の銀座小劇場が狭かったこともあって超満員だった。客の多くは既に出演者をよく知っている人たちで、良く言えば和んだ雰囲気、悪く言えば馴れ合い(例えつまらないネタでも大笑いする)の中での公演だった。
個人的によかったと思ったのはサンキュー手塚の「立ち上がれ」と「自動改札より愛を込めて」、トレイン小出の「トレイング」の3つ。特に「自動改札~」には意外にも泣いてしまった。私はライブなり大道芸なりを見るときは、演者と一体となって楽しむことはあまりなく、大して面白くないネタやすごくない技などを見せられたときには周りがどんなに受けていても「つまらない」と思ってしまう。で、今回のライブも客の雰囲気や最初の2つぐらいのネタがよくなくて、これは個人的には盛り上がれないかなと思っていた。それが「立ち上がれ」で一気にテンションが上がって、「トレイング」「自動改札より愛を込めて」の2連発で感動しまくりだった。いやあすごいわ。
今村にアンソニー・ガトーおよびマイケル・モーションのビデオを返した。長から今年のIJAのビデオが2本とも返ってきた。

12月13日(月)

一体前(19:00~21:00)

みんなライブを見に行ったらしく、今村1人来ているだけだった。20:00ごろになって引率から帰ってきた吉井も加わった。
夕飯を食べながら、3人でマスゲームの話をした。今村が協力してくれたのが結構ありがたかった。

12月9日(木)

一体前(19:10~21:00)

吉井、東、長と、珍しく泰三がいて、一瞬だけ三矢が、遅れて秋田が来た。
吉井、長、泰三と揃ってシガーボックスの練習をしていたので、とてもやりたくなった。長のを借りて久しぶりにやってみた。動きは多分鈍くなっていると思うけど、ピルエットや大回転などの技はまだまだできることが分かってほっとした。
マスゲーム練で、「3月末までに誰とでも2カウント200回」を目標に掲げようという話が出た。縦横に名前を書いた一覧表を作って、達成した組から○を付けていき、全部の桝目が○で埋まるようにしようというもの。面白いではないか。
吉井はかなり本気でマスゲーム練習をやりたいらしい。個人的には大賛成だけど、ついてこれない人もきっといるに違いない。特に佑子さんが心配だ。

12月7日(火)

一体前(19:10~21:00)

吉井、鹿島、東、長、ロディがいて、後から秋田と松浦が来た。
吉井とパッシングを始めたところで秋田が来たので、3人でフィードなどの練習をすることにした。
練習終了後、下北沢の「魚民」で私の誕生日飲み。参加者は秋田、長、ロディ、東、吉井、今村というマニアックなメンバーで、何と学生たちにおごられてしまった。この年になって誕生日を大好きな友人たちに祝ってもらえるなんて、私は日本一幸せな31歳なんだと思う。

12月6日(月)

一体前(19:10~21:00)

またもや吉井だけがいて、途中から丸岡、秋田、東が来た。金曜日に忘れていった上履きを吉井から受け取った。
マスゲームをやる主要メンバーが4人揃ったので、みんなでカスケードや3回転などを揃える練習をした。シザーキャッチでは4人並んで一斉に秋田ポーズを取るというアホな練習もした。
丸岡がマスゲーム参加者用のホームページを作ったらしい。やるなあ。

12月3日(金)

一体前(19:10~21:00)

最初は吉井だけがいた。中ではチアリーダーが練習しているので、彼は寒いのに外でジャグっていた。途中から今村、秋田、長、ロディ、高木、しんちゃんなどがやってきた。ロディたちはローラボーラの材料を買いに行っていたらしい。ローラボーラやるのか?
秋田が昨日突き指してしまったので、今日はずっと吉井とパスをした。吉井は取り憑かれたようにトレブラマルチの練習をしていた。
レネゲードに航空便でファットヘッドを10本注文した。

12月2日(木)

一体前(19:10~21:00)

吉井、今村、秋田、長、東がいた。「早く帰ろうよ」と言っていた今村も結局最後までいて、みんなで下北沢の「もみじ亭」にお好み焼きを食べにいった。この店、随分前からマラバリスタ御用達らしい。知らんかった。
夕飯を食いながら今村と喋っていたときに「接待ジャグ」というのを思い付いた。「今村君、今度の日曜日パッシングなどどうかね?」「いやあ、社長にはかないません」。

12月1日(水)

キャンパスプラザ(18:40~21:00)

吉井、丸岡、秋田、佑子と合わせて5人で来年の駒場祭のマスゲームの決起集会を開いた。向こう1年間の大雑把なスケジュールと、活動方針などを決めていった。佑子さんがあまり乗り気でないように見えたのがちょっと気になった。
その後、練習していた今村、川井田がやってきて7人で渋谷のとんかつ屋「和幸」に夕飯を食いにいった。