2007年12月の日記

12月26日(水)

マラバリスタ(19:10~20:00)

今年最後の練習日だ。shu とか剛史とか珍しい人が来ていて、久しぶりだから喋ってたら練習時間が終わってしまった。
shu は最近引っ越して、ジャグてっくに行きやすい場所に住んでるとか。さすが。職場も渋谷だからマラバリスタにも来やすくなったらしい。剛史は「ビジネスジャグラー」という職業と言うか立場になってるらしい。それは新しい。
クラブのバッククロスの練習をしていたら、shu に「JJFのころよりうまくなりましたね」と言われた。おお、練習を続けてきた甲斐があったよ。
今週も麻美に会ったから話してみると、今は5ボールができるようになりたくて練習してるんだとか。目標があるっていいことだ。

12月22日(土)

マラバリスタ(18:30~20:30)

久しぶりに土曜の練習日だったからか、社会人が何人も来るなど人が多かった。私自身2時間練習するのは久しぶりだ。
時間があったからクラブの顎バランスをやってみた。以前はもう少し続いたのに全然続かない。まだ安定してなかったということだね。
4ボールのトゥストールもやってみた。ハーフシャワーの要領で右足→右手→左手→右足という順にボールを回すというもので、慣れればそんなに難しくなさそうだった。

12月19日(水)

マラバリスタ(19:00~20:00)

個人的には2週間ぶりの練習になる。クラブをキャッチするときに痛みを感じるようになって、ああもうそんな季節なんだなあと思った。ついこの前まで汗だくで練習していたような気がするのに。
珍しく真弓が来ていたから何だろうと思ったら、麻美と待ち合わせらしい。なぜこんなところで待ち合わせる?

12月11日(火)

ウエスト・エドモントン・モール(16:00~18:30)

北米旅行5日目、エドモントン。
アルバータ大学で小野に会う。クリスマスパーティで披露するボールとハットのルーティンを見てほしいと言われて、見た。まさかこんなところで人のリハーサルを見ることがあろうとは……。
その後、世界最大とも言われるウエスト・エドモントン・モールへ連れて行ってもらう。ここは1つのショッピングモール内に遊園地やプールやスケートリンクなどもある巨大な施設だ。そこで小野の友人たちに会い、ローラーコースターに乗せられたりもした。
夕飯は彼女が働いていた日本食レストラン「神戸」にて。カナダ人客の多い店らしく、レインボーロールとかドラゴンアイロールとか不思議な巻き寿司が色々あった。ただし味は確かで、日本人が食べても普通においしいと思う。
明日はまたエアカナダを乗り継いで日本へ帰るだけなので、これで全ての日程は終了。移動に次ぐ移動でバタバタの旅だったけど目的は達成された。山積も小野も元気そうだったし、頑張ってる姿が見られたから、はるばる来た甲斐はあった。でも、今度海外へ行くときは南の島でのんびりしたいとちょっと思った。

12月10日(月)

休息日

北米旅行4日目、エドモントン。
早朝からエアカナダをモントリオールで乗り継いで、最後の目的地であるエドモントンにやってきた。ワーキングホリデーでカナダに来ている小野に会うためだ。
しかし昨日から乗り物酔いで体調が悪く、小野に会うのは翌日だということもあって、チェックインしたホテルでずっと寝ていた。2日間で飛行機に4回、シャトルバスに2回、タクシーに2回、トータル15時間も乗ってたら気分も悪くなるよな。体を休める日が1日あって助かった。
午後7時に空腹で目が覚めたから、何か食べようと思って外に出たところ、周りのレストランや店は既に閉まっていた。寒いから誰も出歩かないのか。最高気温でも-7℃とか言ってたし。

12月9日(日)

山積邸

北米旅行3日目、ケベック。
エアカナダをトロントで乗り継いで、次の目的地であるケベックにやってきた。ここのサーカス学校に通う山積に会うためだ。
ケベック空港は小さな施設で、食事をするような場所もないし市内へ向かう公共交通機関もない。おまけに公用語がフランス語だから言葉がさっぱり分からない。タクシーの運転手に住所を書いた紙を渡して山積の住む家まで何とか連れて行ってもらった。
着いたのが遅かったこともあってどこにも出かけず、彼の部屋で色々話をして過ごす。気温は-21℃を記録したけど家の中は暖かくて快適だった。

12月8日(土)

クーザ(16:00~18:40)

北米旅行2日目、サンフランシスコ。
この日は普通に観光した後、2回目のクーザを見る。今度はセクション201のJ列2番で、真ん中よりやや後ろの下手側だった。
クーザはテント公演なのに巨大な装置が動くところがすごい。ミュージシャンのいる城も動くしホイール・オブ・デスも空から降りてくる。私の隣の席が空いてると思ったら、こんなところにも仕掛けがあった。
ガトーは3ドロップ。何か調子悪そうだった。他に綱渡りでも1ミス……と思ったら昨日と全く同じ場所だ。ひょっとしてそういうルーティンか? だとしたらちょっとすごい。

12月7日(金)

エクスプロラトリアム(12:00~16:30)
クーザ(20:00~22:50)

北米旅行1日目、サンフランシスコ。
エアカナダをバンクーバーで乗り継いで、最初の目的地であるサンフランシスコにやってきた。せっかくサンフランシスコまで来たんだからということで、とりあえずエクスプロラトリアムを訪れてみることにした。実に15年ぶりだ。
ここは簡単に言うと子供向けの科学館なんだけど、自分で動かせる装置が多く、それによって出現する模様や動きが芸術的だったりコミカルだったり不思議だったりしてとても楽しい。かつて展示の目玉だった木星や竜巻が無造作に置かれていたことに衝撃を受ける。特別展も開催されており、時間がいくらあっても足りない感じだった。
そして夜には、アンソニー・ガトーが出演するシルク・ドゥ・ソレイユの新作「クーザ」を見るためにAT&Tパークまで行ってきた。私の座席はセクション102のF列19番で、真ん中よりやや前方の上手側だった。
コントーションや綱渡りなど、各演目の技はすごいしまとまりもあっていいショーだった。ガトーの出演部分はワンマンショーになっていて、内容は今まで見たのとほぼ同じ。アシスタントも奥さんが務めていた。9リングは20キャッチほど、7クラブは30キャッチほどで、クラブで1ドロップ。その他に綱渡りでも1回ミスがあった。

12月5日(水)

マラバリスタ(19:00~20:00)

5クラブで久しぶりにジャグルを越えた。投げる場所を狭くするとクラブ同士がぶつかるし、広くすると手が届かない。うまい人を見ると狭く投げてるみたいだから、要するにクラブ同士がぶつからないようなコントロールを付けるのが重要らしい。
今日から役員が1年生に交代した。練習では紹介がなく、1年生の名前はほとんど知らないため、新しい部長が誰なのかすら分からない。誰か教えて。