2012年8月の日記

8月29日(水)

マラバリスタ(19:50~21:00)

MJFの準備だか試験前だかで人が少ない。これぐらい空いていると練習場所の確保に困らなくて済む。
フレディがいたからパスの相手をしてもらう。1回転セブンが高くてゆっくりで非常に取りやすい。こっちの投げが乱れても、何事もなかったかのように普通に返ってくるのが素晴らしい。

8月26日(日)

Ultimate World Flair 2012(16:00~19:10)

海老原に誘われてフレアバーテンディングの世界大会「第4回アルティメット・ワールド・フレア」を見に行った。舞浜のホテルの宴会場にて、前売り4000円のところ、お友達価格で3000円だった。2ドリンク付き。
昼過ぎから準決勝、決勝が行なわれるということだったので、私は決勝だけ見ることにした。決勝の前には海老原のシェイカーカップによるアトラクション、後には「フレア仮面」によるアトラクションもあった。
決勝では、準決勝を通過した8人が順位下位の人から順に演技をしていた。その中では上位3人が別格。途切れることのない動きの連続に、曲との調和、そして自分にしかできない技を持っている。並の演者がシェイカーやボトルを増やしてから投げ始めるのに対して、彼らは投げている途中に台の上からひったくって増やすのだ。
観客は常時100人ぐらい。客の入れ替わりが結構あったのは、出場者の関係者が多かったということだろうか。おかげで椅子とテーブルが確保できた。会場の入口で、スケジュールやルールを書いた紙を配っていたのがよかった。

8月25日(土)

マラバリスタ(18:50~21:00)

今日も練習に大勢来ていた。珍しいところでは村松一家とか吉見とか石川とか。
蒸し暑さが戻ってきた感じで、練習しているとオーバーヒート気味になる。夜になっても涼しくならず、逆に渋谷あたりでは花火帰りの客でごった返していて暑さ倍増だった。

8月22日(水)

マラバリスタ(19:40~21:00)

昼は暑いし、夕方になっても練習開始時刻ではまだまだ暑いけど、練習を終えて外に出たときに涼しさを感じるのが嬉しい。夜も涼しくてよく眠れる。
目黒が来ていたから珍しいと思ったら、もっと珍しい人たちが何人もいた。尾崎とか古瀬村さん親子とかゴールデンキャップマンとか。彼らと話をしていたら練習時間が終わってしまった感じだ。

8月15日(水)

マラバリスタ(19:50~21:00)

人が多かった。お盆休みで社会人が何人も来ていたというのもあるだろうけど、斉藤がマレーシアや香港などから連れてきたディアボロ軍団がたくさんいた。しかもみんな3個ずつ回すからスペースも広く使う。
5クラブカスケードで右手の投げを高くするようにしている。少し前に、自分は右利きなのに右の投げの方が低くなる傾向があることに気付いたからだ。これですぐに続くようになるわけではないけど、低いままではいつまで経っても上達しない。

8月11日(土)

マラバリスタ(18:30~21:00)

小雨が降って涼しくなるかと思ったらそんなことはなく、湿度が高くて蒸し暑さ全開だった。体育館内に蚊がいるらしく、今日もたくさん刺された。
海老原がいたので、フレアの大会のチケットを安く売ってもらった。

8月8日(水)

マラバリスタ(19:30~21:00)

珍しく涼しい1日で、練習もしやすかった。最近は蒸し暑さにやられて練習量というか練習の密度が低かったけど、今日は久しぶりに濃い練習ができた。
村上君から今年のTシャツを受け取った。紺地に黒字でほとんど見えないという、ネタとして面白い色の組み合わせだった。後日ちゃんとした組み合わせのものも発注するという。それと、大出さんから今年の名簿を受け取った。