2013年3月の日記

3月30日(土)

ながめくらしつ番外編(14:00~15:50)
マラバリスタ(18:40~21:00)

ながめくらしつを見るために小金井の現代座ホールまで行ってきた。一般2500円で自由席。今までの公演と違って目黒が招待した7組のパフォーマーによるオムニバスだった。
出演者のうち大橋昴汰という人をよく知らなかったので、彼がどんな人なのか確認するのが主な目的だったけど、結局よく分からないままだった。
全体を通して面白いと思ったのは宮野玲のリングの森と、YURIのテーブルクロス。彼らとか、目黒もそうだけど、そろそろ単独ライブに挑んでもいい時期ではないか。
夜にはマラバリスタの練習に行った。人が少ないのはながめくらしつの夜公演があるからなのか、サークルの花見があったからなのか、はたまたじゃぐなぎ杯があったからなのか。

3月27日(水)

マラバリスタ(19:50~21:00)

今日も人が多くて狭かった。小学校の卒業式用だか入学式用だかの紅白の幕が張り巡らされていて更衣室が使えなかったので、舞台の陰で着替えることにした。
久しぶりにクラブソロの練習をたくさんする。腕が鈍っているわけではなかったけど、大して進歩もなかった。

3月23日(土)

マラバリスタ(19:00~21:00)

しばらく練習がない間に随分暖かくなった。史上最速で桜も満開だ。
体育館も狭くなってきた。この4月に入学する新入生も4人来ていた。
笹野がボールを7個貸してくれたので、ほぼ10年ぶりに7ボールを投げてみた。フラッシュもいかないかと思っていたけど、しばらく続けていたらフラッシュもできたし回収することもできた。案外忘れてないのね。

3月17日(日)

シルク・エロワーズ「iD」(17:00~19:00)

カナダのサーカスカンパニーの公演を見るために東京ドームシティホールまで行ってきた。座席はアリーナ11列21番で、1階の後方中央付近だった。S席9800円のところ割引で8500円。2000ほどあった客席の9割ぐらい埋まっていたと思う。
ステージ上の大道具を背景として3Dプロジェクションマッピングの映像が効果的に使われていた。ストーリーのようなものがあって、それはサーカスアクトをスムーズに繋げるための演出だという印象だった。クラウンが出てこないのが珍しい。出演は全部で15人。
演目の1つにジャグリングがあり、3~7ボールバウンスを披露していた。ボールを投げる場所が床だけでなく、壁やV字型の板にも当てるなど工夫の跡が見られてなかなかよかった。
サーカス演目がたくさんあり、個々の演目でも珍しい動きもあり、凝った演出もあって全体としてはとても満足のいくステージだった。11年前に見たシルク・オーケストラがいまいちだったからあまり期待してなかったけど、この iD はよかったと思う。残念だったのは客席がフラットで後ろの方からでは低い演目が見づらかったことと、全体で2時間の公演なのに休憩が30分もあって公演時間が水増しされていたこと。音楽は録音だった。

3月6日(水)

マラバリスタ(19:50~21:00)

今日は随分暖かかった。珍しいところでは小野とかが来ていた。
これから2週間ちょっと練習がないので、この機会に長津田に行ってみようと思ったら、向こうもやっぱり練習がない。時期的にどこの小学校の体育館も使えないらしい。

3月2日(土)

マラバリスタ(19:00~21:00)

外は風が強くて寒いのに、体育館の中はむしろ暖かかった。暖房を入れているわけでもないのに、何だろうこの違いは。
6本の1カウントパスでマサカリを投げてみた。というか投げようとした。右手は何とかなりそうだったけど、左手が全く動かない。投げる動作にも入れない。そこで、とりあえず左の2カウントでマサカリを投げてみることにしたら、そもそも左の2カウントが続かない。1カウントの右手だけマサカリを練習した方がよかったか?
庭屋が来ていたらしい。私が体育館に到着する少し前に帰ったとかで、会えなかったのは残念だ。