Gandini Juggling Project

メディアVHS
総時間1時間25分
価格US$25.00
購入先Serious Juggling

ガンディニ・ジャグリング・プロジェクトの過去の公演から抜粋した映像が収めてあります。その公演とは、"n'Either Either botH and" (NEBA)、"Caught stilL/hanging" (CSH)、"and other curiOus questions" (AOCQ)、"Septet and Septet/2" (SS2) の4つです。
いずれも前衛的なステージで、ジャグリングと芸術、あるいはダンスとを組み合わせることによって新たな表現方法を見出そうとしているようでした。演技だけでなく、映像の編集の仕方も前衛っぽいです。使っているクラブがラジカルフィッシュとファットヘッドだというのも、それと無関係ではないと思います。感想をひと言で言うと「こういうのが好きな人もいるだろうけど、私の趣味ではない」です。ジャグリングの可能性を探るという意味では評価できますが、いかんせんつまらない。1本見終わるまでに意識を失うことが何回かありました。
ただ、技術的にはすごいことをやっていて、ソロでは例えばマイクのコンタクトには意表を突かれました。複数人数ではクラブやボールでの1カウント、ドロップアップといった割とメジャーな技から、クレーン、ミドルスブラ、グローバー、アーニーといった複雑かつ不思議な技まで色々見せてくれます。

0:01:01 NEBA 抜粋
0:06:47
クラブ
0:16:17 CSH 抜粋
0:24:50
マイクによるソロ
0:29:22
バッハ
0:33:21 AOCQ ウィンドウ
0:38:34 SS2 カティによるソロ
0:43:53
タンゴ
0:46:35
リング
0:50:50
ループ
1:01:35
クラブ
1:20:42 エンディング マイクによるソロ
1:24:30 終了