このサイトについて

全般的なこと

対応ブラウザ

本サイトの公開時に、当時主流であったインターネット・エクスプローラ 6.0、ネットスケープ 7.1、ファイアフォックス 2.0 の各ブラウザ(全て日本語版、OS は Windows 2000)にて表示確認を行ないました。それ以降、新しい技術は一切使用していません。このため、上記ブラウザの新しいバージョン、およびそれ以降に登場したブラウザであれば正常に表示できると思います。
最近のブラウザでは &xxx; という形式で特殊記号を表示することができますが、いくつかの理由により2~3の例外を除いて使わないようにしています。アクセント記号は母音のすぐ後に記述するという書き方をしています。dube' という表記は dube という文字列の後にアポストロフィーが付いているのではなく、最後の e の上にアクセントが付くのだと解釈してください(&xxx; 形式で書けば dubé となります)。

本サイトを公開したのは西暦2000年ですが、作り始めたのはそれより前であるため、ホームページ作成における技術的あるいは思想的な背景は1990年代のものとなっています。今となっては推奨されない書き方をしている部分も多々ありますが、常に最新の情報技術に合わせて全てのコンテンツを更新し続ける労力はありませんし、下位互換性も考慮してそのままにしています。ご了承ください。

外国語のカタカナ表記について

本サイトは日本語で書かれており、主に日本人読者を対象としています。従って外国語、特に人名や地名などの固有名詞はカタカナに直して表記します(ただし、それが外国のものであることを強調したいときにはアルファベットのままにしています)。ここに登場する書き方が必ずしも正しいとは思いませんが、一応以下のような基準に基づいていますのでご理解ください。

  1. 既に定着した読み方があればそれに従う。
    例えば Middlesboroughs (イギリスの地名)は「ミドルスブラ」、amazon.com (店の名前)は「アマゾン・ドット・コム」といった具合。
  2. 原音に忠実に表記する。
    ヨーロッパの言語に詳しい友人に訊ねたりして、極力原音に近い表記になるよう努めています。例えば Vladik Miagkostoupov (人名)は「ブラディック・ミャーグコストゥーポフ」、Denis Paumier (同じく人名)は「ドゥニ・ポミエ」。
  3. 分からなければ米語読み。
    Yang Yang Zhao (人名)は「ヤンヤンツァオ」、Byron Bay (オーストラリアの地名)は「バイロンベイ」など。

連絡先

以前はメールアドレスをそのまま載せていましたが、ウイルスをはじめ迷惑メールが毎日100通単位で届くようになったため、掲載方法を変えました。次に掲げるアドレス

info@7131.jp

の、アットマーク直前の文字列をb1という2文字に変更してください。全て半角英数字(アルファベットのビーと数字のイチ)です。これが正しいメールアドレスになります。こういった煩雑な手続きをいとわない方からの、このサイトに対するご意見・ご感想をお待ちしております。

アドレスは全く公開しないという手もありますが、ごく稀に貴重な意見をもらえることがあるため、普通の日本人なら解読できる方法で載せることにしました。迷惑メールのほとんどが海外からで、コンピュータによってホームページからアドレスを自動取得している可能性が高いので、人間の(しかも日本語が分かる人の)判断を経ないと取得できないようにしました。